中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:未分類( 567 )

カタールが強い

カタール空港はよく使っていた。
バルセロナと提携していて、メッシやネイマールがシートベルトを締めましょうとかたばこを吸うなとかいう説明ビデオに出て面白かった。でも最近はRAKUTENがスポンサーになったので、エミレーツに切り替えた。

 今回カタールのサッカーがこんなに強いとは思わなかった。
バグダッドでは、ちょっと依然とは変わってモールがいくつかできている。
パブリックビューイングも。コカ・コーラがスポンサーになっていて、赤いTシャツを配っていたので、対戦国のイエメンの赤と紛らわしかったが。
 バグダッドの治安はよくなっている。
街中にあったコンクリートの壁が撤去され、チェックポイントも少なくなっている。人々は日常生活を楽しもうとしている。
音楽バレエ学校に久しぶりにいく。
学校の後ろには高層ビルが建っていた。
そこで働くムハンマッド。
小学生にソルファージを教えている。オーケストラでホルンを吹き、自らもバンドを率いてカーヌーンを演奏する。
結婚して一児の父となっていたムハンマッドは、イラク戦争の時は8歳だった。
谷川俊太郎さんの詩集のための絵を描いてくれた。「お兄ちゃん、死んじゃった。イラク戦争と子どもたち」
 当時は父が用務員をやっていたので学校に住み込みだった。
今は、ムハンマッドは独立して貧困街に住んでいる。周辺はアサーイブという民兵組織が牛耳っていて少し厄介なようだ。
 イラクのサッカーは、初戦ベトナムに苦戦した。
オウンゴールで失点、イラクのカウンターをカットしたベトナムだったが、背後から素早く回り込んだMIMI(ムハンナッド・アリ)に気が付かなかったのか瞬時にボールを奪われ、ムハンダッドがもう一人でフェンダーを振り切ってシュート。しかしベトナムも粘り2-1でさらに一点リード、イラクが同点に追いついたのもMIMIがクロスに頭で合わせる。キーパーがはじき、しつこくMIMIがボールをキープしシュートに行こうとするもベトナムもねばる。ディフェンダー、キーパがもつれたところで、MIMが滑りながらもシュートを放つがキーパーがはじき、さらにこぼれたところにホマームが走りこんでののシュートで振り出しに。このまま引き分けると思われたが、ロスタイムにフリーキック。アリアドナンが右上ぎりぎりに決めて劇的な勝利だった。
今回のアジアカップは、出場国を増やしたために大戦前からほぼ各チームの1-2位が予測出来て、番狂わせはA組のシリアが最下位になったくらい。ベトナムが3位で決勝トーナメントに上がってきてなんとヨルダンに勝った。準々決勝でも日本をてこずらせた。
イラクはというと決勝トーナメントでカタールに1-0で敗れた。今回カタールが強い。イラク戦は、MIMIとのコンビネーションでいい動きをしていたホマームが、怪我で早々に交代。結局残りの2名も怪我で交代した。その中でもよく守っていたが、カタールのRamiの芸術的なフリーキックで1点を取られ、逃げ切られてしまった。
Ramiは、実はイラク人だ。父親が ヒシャーム・アリという1990年代にイラク代表で活躍した選手だそうだ。イラク戦争後に家族で移住し、カタールの国籍を得たらしい。
 イラク人は、彼のゴールを「オウン・ゴール」と揶揄した。
ネットでは、彼の喜び方を批判する書き込みが殺到する。
ラミは、「僕はカタールのパスポートを持ってプレイできることに誇りをもっているし、僕はイラクで生まれイラク人の家族とともにここに来た。イラク起源を誇りに思う」
ラミはイエロー累積2枚で次回は出れないが、UAEに勝つと決勝で戻てくる。再びラミのフリーキックを日本との決勝で見れるか楽しみだ。

by kuroyonmaki | 2019-01-27 16:51
March 5, 2007

Building Hope in Basrah
By Tracy Meadowcroft
For The Record
Vol. 19 No. 5 P. 20

Despite the toughest conditions, construction of a children’s hospital steadily marches along.

Weighing the pros and cons of establishing electronic medical records (EMRs) can prove daunting at any healthcare facility—from the smallest clinic to the largest multispecialty hospital. Numerous questions are often raised about the process of establishing EMRs, including what the final cost may be, how to make the transition from paper to electronic records as easy as possible for all those affected by the change, and what, if any, disruptions the process will bring to the facility.

There can also be quandaries about whether to outsource coding or transcription, whether to allow these employees to work from home, or how to recruit and retain qualified candidates for these positions.

Now, imagine answering these questions during the establishment of a children’s hospital in Iraq, a country that has seen its share of violence and turmoil in the last several years alone. Along with addressing the basic needs to establish the hospital come concerns about maintaining safety for patients, their families, and the employees themselves.

Healthcare in a Violent State
In the middle of one of the most violent areas of Basrah, a city of, at one time, more than 2 million people that is located approximately 330 miles from the Iraqi capital of Baghdad, construction is underway at the Basrah Children’s Hospital (BCH). While concerns about violent outbreaks remain high because of the current state of affairs in the city, the desire to provide improved and necessary healthcare, especially for children, ranks higher.

BCH will serve as a referral hospital and is intended to be a “world class clinical and training facility for pediatric specialty care—with a focus on oncology—serving the people of Basrah and the southern provinces [of Iraq] and addressing critical pediatric healthcare needs,” says U.S. Navy Lt Allen E. Willey, resident engineer for the Basrah Children’s Hospital Project Office (BCHPO), Southern District, Gulf Region Division.

These “critical pediatric healthcare needs,” according to Willey, include addressing the high incidences of pediatric disease and cancer, and that more than 100 of every 1,000 Iraqi children will likely die before celebrating their fifth birthday. Additional statistics, provided by Willey, offering the need for such a facility include the following:

• Twenty-five percent of Iraq’s 18,000 physicians have fled the country since 2003.

• Cancer rates in Iraq are eight to 10 times higher than in Western countries.

• Cancer rates in southern Iraq, where Basrah is located, are more than four times higher than the national average.

• Leukemia cases in Basrah have increased by 70% since 1989.

According to Willey, Project HOPE, an international nonprofit health, education, and humanitarian assistance organization, originally pointed out the need for a facility such as BCH. The awareness of the need came during an investigation in 2003 concerning the state of healthcare in Iraq.

“The World Health Organization statistics indicate that 53% of Iraqis are adolescents, so we estimate that the hospital will support more than half of the population of Basrah alone,” said Frederick Gerber, country director, Iraq, for Project HOPE, in a press release about the hospital project.

The U.S. Army Corps of Engineers, through the BCHPO, assumed responsibility for managing the construction of BCH in summer 2006 following the departure of a U.S. construction contractor. Approximately 30% of the hospital’s construction was completed at that time.

“The prime contractor [for the project] is MID-Contracting International based in Amman, Jordan, of which six area managers are on site with approximately 24 additional Iraqi overhead staff members assisting in the project management effort to construct the children’s hospital,” explains Willey. “All of the labor effort is subcontracted out to Iraqi contractors. In all, the daily average employment on site is 475 construction workers and a large security personnel force.”

The Facility
Among the amenities planned for the two-story, 94-bed, 160,000-square-foot acute care pediatric specialty facility are an eight-bed pediatric intensive care unit (ICU), a seven-bassinet neonatal ICU, one special procedure room, two operating rooms, and four general nursing wards, according to Willey.

The hospital, which is located on a 13-acre site, will also feature an oncology center with diagnostic and treatment planning, chemotherapy, and radiotherapy; an imaging department with radiography, fluoroscopy, computed tomography, MRI, and ultrasound; an emergency department with a full trauma room; an on-site residence building for 32 nurses and physicians; an outpatient endoscopy suite; a dental suite; and other specialty clinics.

The Iraqi medical system remains strongly rooted in paper-based operations, though members of Project HOPE are making efforts to, over time, modernize the medical system, explains Douglas A. Pitkin, deputy director and chief financial officer for the Iraq (Recovery) Reconstruction Management Office.

Pitkin says there are no immediate plans to outsource coding or transcription operations at the hospital, establish EMRs, or use telemedicine, as the physical construction of the hospital, which is slated to open in early 2009, currently stands at the forefront.

Pitkin says organizers are looking at the hospital as an employment opportunity, especially for those from the Basrah region. He acknowledges that this could prove a challenge since many health professionals have fled the area because of the ongoing violence, but “Project HOPE has made a strong commitment to recruiting for the facility.”

The projected cost of constructing the hospital is approximately $147 million, according to Pitkin. That includes $95 million from the U.S. government to cover most of the construction costs. The Spanish government has offered $22 million through the United Nations Development Program, though approval from the program for the use of these funds is still pending. Pitkin says approval should come in the near future.

Also, Project HOPE plans to donate $30 million through fund-raising efforts as well as in-kind services, such as helping to train those who will be working at BCH. The Iraqi Ministry of Health will also donate certain basic needs, such as bedding, as the project nears completion, according to Pitkin.

A Sense of Security
“Basrah is a very violent place.… With this in mind, one of our biggest concerns is safety. We have a huge challenge at the BCH but not an insurmountable one,” says U.S. Army Lt Col Kenneth W. McDonald, deputy commander and Oil Area engineer with the Southern District, Gulf Region Division, U.S. Army Corps of Engineers. “The location of the BCH is right in the middle of one of the most violent spots in Basrah. The BCH sits between a predominately Shia neighborhood and Sunni neighborhood and, therefore, can be a huge target of opportunity for both groups.

“One of our methods for securing the site is to get the communities to back the construction,” McDonald continues. “As with most cultures, children are the most important aspects of the community. The fact that this project is a children’s hospital rings home with the people of Basrah.”

One effort to draw in members of the community came in the form of an event to celebrate the “rebeginning” of the hospital’s physical construction, which was organized by the project’s Jordanian contractor, according to McDonald. The event, which was attended by community leaders, Muslim and Christian religious leaders, the Ministry of Health’s director general, the governor of Basrah, several members of the Iraqi media, and nearly 100 school children, proved successful, McDonald says.

“Another approach we have taken is to hire a Basrah security firm to provide protection of the project site. The security company has hired its workforce from the local neighborhoods,” adds McDonald. “This might seem counterintuitive, but it actually has made the project site secure from any attacks. Getting in and out of BCH is somewhat ‘testy’ at times for our engineers, but we use a very good security company that provides excellent support. We use several techniques that have proven very effective.”

Improving the Quality of Life
Although there are many challenges to face in the construction of BCH, many of those involved remain positive about what the end result may accomplish.

Willey says the hospital will deliver the necessary specialty medical care to Iraqi children as well as be a model training hospital for Iraqi nurses and doctors, over time helping to improve the quality of life for the Iraqis.

“The hospital will be a pivotal milestone in improving the life expectancy of young children in Basrah and will be a model for future hospitals throughout the country of Iraq,” he adds. “This hospital is the foundation for building a robust health program for Iraq.”

— Tracy Meadowcroft is an editorial assistant at For The Record.
by kuroyonmaki | 2016-06-22 10:09

LOGO

by kuroyonmaki | 2015-10-08 23:52
イブラヒム父さんが戻ってきた

 2月15日、私たちは日本のドクターたちと一緒に国境にいた。
もしかしたらイブラヒム父さんが、国境を越えてヨルダンに帰ってくるかもしれなかった。ついこの間まで、国民議会選挙の結果が出るまで国境を封鎖していたが、また17日から国境を閉じるというのでイブラヒム父さんが、戻ってこれるのは今日明日しかない。
 16日、朝ヨルダンの携帯電話がつながった。イブラヒム父さんがヨルダンに戻っていたのだ。
早速、ファートマが預けられているフセインさんの家で待ち合わせた。
ちょうど、ファートマはイブラヒム父さんと親子水入らずで遊園地に行っているという。
フセインさんの奥さんは、「ファートマは、ちょうど彼女のお母さんが死ぬ一週間前にレストランで会いました。そのときは、恥ずかしそうにお母さんに隠れていたんですよ。でも彼女が死んでから私にも抱きついてきてママと呼ぶようになったんです。でも、この間写真を見つけて、ママに会いたいというので、病院は子供が行っちゃいけないんだといいました」
ファートマは、夜はよくマットレスをかじるようだ。
「スポンジが散らばっているんですよ」
しばらくすると、イブラヒム父さんに連れられてファートマが帰ってきた。
ずいぶんと落ち着きを取り戻している。
これで、安心して、ファートマと双子の赤ちゃんもバスラに帰れる。
ブンジローも喜んでしまって、地べたに座り込んでファートマの写真を撮っていた。
しばらくすると、今度はフセインさんが帰ってきた。あれだけなついていたのに、今度はファートマがそっぽを向く。ちょっとさびしそうなフセインさんだった。

ファートマがやってくる。
 
ところが、イブラヒム父さん、住むところがない。まだ、国境は22日までしまっているが、ホテルにいると高くつく。
それじゃあ、しばらくうちに来ないかということになった。
井下おやじの住まいは3ベッドルームで、私も転がり込んだがあと一部屋あいている。
「それはありがたい」と親子がやってくることになった。
その話を、TVの取材に来ているI子さんに話した。
「えっ、おやじばかりで住んでいるんでしょ。ファートマの着替えとかどうするのよ。ブンジローもいるの」
「井下おやじはお医者さんだし、私もおやじではあるが、まもなくシリアに行くし、ブンジローおやじは別のところに住んでいるわけで、(マイケルジャクソンじゃあるまいし)ファーティマは3歳だよ。イブラヒム父さんが全部面倒を見るに決まっているじゃないか」
「それならいいけど」
なんだか、変態おやじみたいに思われているのはちと悲しい。


さていよいよイブラヒム父さんとファーティマがやってきた。
井下おやじも喜んで、ビデオを待ち構えている。ファートマが遊ぶようにと木魚や、かねを置いておいた。早速ファーティマはリズムを取って大はしゃぎ。井下おやじの尺八を取って吹き始めた??
「一番弟子にしましょうか」
ところが部屋があまりにも寒いので、結局ファーティマは、また、フセイン一家に預けられてしまった。

おやじ3人でいてもわびしいので、11ヶ月になる双子のカディージャとムハンマッドを見に行くことにした。2ヶ月たってまた大きくなったという感じ。
赤ちゃんたちをあやしているとなんとなく、ぷーんとくさいにおいがする。
これは、ウンチかなと思ったが気のせいだった。
男ばかり3人で暮らしているのを哀れに思ったのか、晩御飯を持たせてくれた。ここのところ外食か、どうしてもファーストフードになってしまいどうしたものかと思っていたのでありがたい。家に帰ってなべを開けてみると「マンサフ」という家庭料理。羊肉をこってりとヨーグルトで煮込んである、まさにスローフード。ところがこれがくっさい。ウンチかと思ったのはこのにおいだ。私は食べる前からうっとなってしまったので、昼間買っておいたカップラーメンを食べることにした。イブラヒム父さんは、「どうして食べないんだ。おいしいぞ」という。井下おやじは少し食べた。結局のこりは明日、ブンジローに食べてもらうことになった。ブンジローは、日本人には珍しくマンサフが好物なのだ。

私はそれでシリアに行ってしまったのだが、国境が開くとイブラヒム一家もイラクに帰ってしまうので、お別れを言うためにも3日で帰ってきた。
ところが、イブラヒム父さんなかなか帰る気がないようだ。ファートマもあちこち泊まり歩いているようだ。イブラヒム父さんと井下おやじと私の3人の生活が始まった。
ところが、まだ、マンサフが残っている。
ブンジローが、翌日やってきたと井下おやじが言っていたので、てっきりマンサフを食いに来たのかと思ったが、中華料理を食いに行ったという。一応冷蔵庫に入れてあるのだがこれを処分するのが怖い。数日後イブラヒムおやじが、マンサフを食おうとしていたので、さすがにやめたほうがいいよといった。結局マンサフはイブラヒム父さんが処分してくれた。
by kuroyonmaki | 2015-07-29 03:03

若者NGO職員たちの声

どうせなら、若いNGOスタッフの非戦論を聞いてみたい。
昨今のNGOは、この10年間で変わってきました。任意団体から法人になり、しかも政府から潤沢な補助金を受けて規模が大きくなり、運動ではなく、職業の一つとして社会的な地位を確立してきました。
今、イラクとシリアでは、内戦が激化し多くの難民、避難民が出ています。避難してきた人たちを助けるのがまさにNGOの仕事と言えますが、一方で、難民が出てこなくなるように、平和を作っていくことをしっかりとNGOがやっていかねばならない。職業的なNGOのスキルに加えて、創造的な積極的平和主義をもってして活動をしていく、そんなことを実践できる若い世代をどう育てていくのかも大事な仕事です。
今回は、JVCからアフガン担当の加藤真希さん、APLAの野川未央さん、PEACE BOATの草深レオさんらに来てもらいトークをしてもらいました。なんでNGOに入ったのという生い立ちから安保法制をどう思うかとか。
そして、学生からもSEALDsを立ち上げた奥田君が参加して、活動を紹介。
また詳細はおいおい紹介していくとして、なんかとっても希望の持てる会になりました。

b0041661_2481237.jpg

b0041661_2462914.jpg


そのまま、帰宅する予定でしたが、ちょっと打ち上げに参加。
帰宅して荷物をまとめ、今イラクに向かっているところ。
さあ、これから「イスラム国」と戦ってきます。といっても、「イスラム国」と銃で交戦するのではありませんからご安心を。
アルビルに逃げてきた難民の支援です。人道支援とは何か現場から考えます!
by kuroyonmaki | 2015-07-04 03:01

NGO非戦ネット立ち上がる

10年以上も前に、JVCでNGO非戦ネットが立ち上がった。
僕はJVCの職員でパレスチナを担当していたが2000年に、パレスチナでイスラエルとの衝突がおこると、イスラエルはテロを根絶するといい、激しい攻撃をパレスチナに加えた。
一般市民が殺されると、遺族たちは、イスラエル市民に自爆攻撃を加える。イスラエルの報復は新たなテロしか生まず結果的に、イスラエル側にも多くの市民の犠牲者を出していた。
イスラエルは、容赦なくヘリコプターで学校や病院も攻撃してくる。当時は、「イスラエルによる国家テロ」と称し、メディアでも批判が高まっていた。しかし、2001年、911以降は、世界が協力してテロと戦うのだという風潮に、国家テロという都合の悪い言葉は消えていった。そして、アフガニスタン、イラクと立て続けにアメリカと連合軍は、戦争を仕掛けていった。NGOは、そもそも、武力を用いた、平和活動とは、一線を隔する。
常日頃から、貧困や差別といった問題に取り組み、武力衝突や、テロのない社会づくりを目指す活動を行う。
イラク戦争を止められず、その後、イラクをテロリストの温床とし、イスラム国の台頭を許してしまったことの責任はNGOなど、援助関係者にもある。
というと、え?私たちは、イラクのために、人道支援をやっているのに!と、にわかにイラクで、難民や避難民支援を始めた人たちは不思議に思うかもしれない。
NGOの危険性は、そこにある。気が付くと日本政府の政治政策に利用されてしまっているとも限らない。「人道支援」というと体よく聞こえるが、それは日本政府が支持する一方の勢力だけを支持することになれば、NGO本来の中立性を欠きNGO存続にも係る問題である。阿部総理は、昨年の、集団的自衛権の行使容認閣議決定でも、NGOを助けるために自衛隊が武器使用できるようにするというような説明をしている。こういう使われ方はいかがなものかという声がNGOでもあがる。しかし、政府資金が多く流れる昨今のNGO業界で、現政権に異を唱えることは勇気のいることである。少なくても団体を超えて、NGO職員が自分たちの意思をしっかりと表明できる社会がなくてはいけないし、それを作っていくのがNGOの使命だろう。
一方、安保法制が国会で議論され始め、日本が戦争できる国になろうとしている動きに対して、NGOが今声を出さないと、という危機感を抱いていた僕は、アーユスや、JVCに相談して、NGO非戦ネットの再開を求めたのだった。何はともあれ、7月2日、築地本願寺で設立集会が開かれた。


b0041661_2412770.jpg

by kuroyonmaki | 2015-07-04 02:42

ペシュメルガ

ドホークのホテルに泊まっていたら、ロビーにペシュメルガの兵士がいたので話かけてみた。休暇を取って前線から離れて、ホテルでリラックスしているそうだ。携帯電話には、「イスラム国」の兵士を殺した写真とか、遺体を得意げに、足蹴にしてる写真とがが入っていた。何人殺したの?と聞いたら5人という。いつもこのホテルに泊まっているので、子どもがなついている。男の子は、お母さんが歌手でホテルに住み込みで働いているらしい。
お父さんは離婚したので、なおさら強い男に甘えたいのだろうか?
兵士は、「散髪に行く」と言って外へ出て行った。
その夜、部屋で寝ようとしていると、キャプテンが呼んでいるというので、部屋に行くと、兵士らが酒を飲んでいた。キャプテンは、350人の部隊を率いている。
「ペシュメルガは、戦争をしているのではない。国を守っているのだ。そして世界の平和を守っているのだ。我々が戦わないと日本も「イスラム国」にやられてしまう」
ふむふむ。
「君たちがやっている支援活動と同じなんだ」
ふむふむ。
「ところで、わが軍には100名のボランティア兵がいる。残念なことに、わが軍には装備もないので、靴を寄付してくれないだろうか」
と真顔で相談された。
「いや、そういう話は、もっと上のところでしてもらわないと。。」とお茶を濁す。
モスルから電話。
アラビア語で、「もう疲れた」というような泣き言が聞こえる。
兵士たちの話では、後2週間くらいでモスルを奪還するらしい。
ペシュメルガは、1200人くらいが殺されたそうだ。実はこの数はすごい。一年もたってないもの。米兵は、5年くらいで4000人
キャプテンは目がとろんとして、「ちょっと休んでくる」と言って部屋に入っていった。
明日、また前線に戻るそうだ。
by kuroyonmaki | 2015-04-09 13:52
院内学級支援としてナナカリの小児がんの子どもたちの遠足を行いました。
15人の比較敵体力のある子どもたちが参加。
(病院の入院患者は1人が参加)
野外なども企画していたが、感染症対策、コーディネーションのし易さ、
予算、参加のし易さ、医師の意見から、日本の百貨店の屋上遊園地のようなスマイルランドへの家族同伴の遠足を行った。限られた時間だったが、子どもたちが楽しんでいて、親御さんもそれを見て喜んでいた。
次回は、体力のない子どもたち向けの病院内でのワークショップを企画予定。
b0041661_857052.jpg
b0041661_8564361.jpg
b0041661_856273.jpg
b0041661_855171.jpg

by kuroyonmaki | 2013-11-22 08:58
アンマンの郊外。マナーラ地区。JIM-NETは、シリアの内戦が続く中、シリア難民の妊産婦に焦点を当てて、少しでも生まれてくる命を守りたいという気持ちから支援を続けている。
 ヒシャームさんは、2011年6月24日金曜日、ダマスカスの郊外でお祈り中に、政府軍の発砲にあい、ダムダム弾で撃たれたという。シリアでは、治療をきちんと受けることは難しかった。野戦病院(つまりは民家を使っての治療)で手当てを受けるも、傷は悪化。2011年12月1日にヨルダンに出てきて、国際赤十字の取り計らいで、治療をうけるが、2012年3月15日に右足を切断した。
妻が妊娠しているというので、国井看護師をつれて訪問する。
彼の家は、丘の中腹に建てられたアパートで、道路に面した入口から階段を下がっていく。松葉づえを付いたヒシャームさんが出迎えてくれた。一年以上も一本足で歩いているのかすっかり慣れている様子。
扉を開けると、反体制派のシンボルの旗が飾ってある。家具はほとんどなにもないが、鳥籠が二つ。小鳥を何羽か飼っていて、時々さえずりが聞こえる。
 家賃は200ドル弱。国連に登録していても誰もお金を持ってきてくれないという。
片足では、仕事にも就けない。
しかし、人生は絶望だけではない。足を切断して絶望の真っただ中にいるときにシリアにいる姉とスカイプで話していて、姉の家に遊びに来ていたサファとであった。
5カ月前、結婚するためにサファがアンマンに来た。まだ、18歳だという。
僕たちは、このめでたい話にすっかり盛り上がった。9月1日が予定日。エコーだと女の子だという。
IMG_5655

 別の部屋には、彼の友人の男性が2名いた。
話を聞くと、自由シリア軍の兵士だという。一人は一か月半前に戦闘中に撃たれた。体中が焼けただれているといい、ぐったりとしていた。「白リン弾でやられたんだ」という。その2日後にヨルダン国境に向かい、ラムサからアンマンのバシール病院へ入院し、手当を受けて7日前に退院した。しかし、未だに体中が痛むという。そして、彼が、「ここに弾が入っているんだ」と指差してくれた背中には固い塊を感じた。
明日、手術で弾を取り出すそうだ。
 怪我が治ったらどうするのか?と聞いたら、「戦いに戻る」もっとひどい目にあうかもしれないのに?「神のために」という。
NGOの中では、ヨルダンに運び込まれてくるけが人の治療やリハビリが最優先だという議論もあるようだ。しかし、かれらの多くは、自由シリア軍の兵士たちだ。ジュネーブ協定では、けが人はもはや非戦闘員であるとみなしているが、「治療しても、兵士として戻っていき、また怪我をして帰ってくる。そしてまた治療。それが中立的な支援といえるのか」という意見も聞かれる。

IMG_5662

さとうまき
by kuroyonmaki | 2013-05-13 18:21

謹賀新年

b0041661_15272966.jpg

新しい年がやってきました。皆様はいかがお過ごしでしょう。
私は、昨年暮れにトルコ経由で、イラクのアルビルにやってきました。
シリア支援を本格的に開始したいとその調査です。
国連によると今までの死者は6万人を超えたそうです。

 なぜ、JIM-NETが、イラクと福島に加えてシリアなのか。と思われるかもしれません。
イラク戦争から10年。イラクで家を失った人たちは400万人もいるといわれています。その多くは、シリアに逃れました。140万人とも言われています。そんなにも多くの難民が入ってきて、国は大丈夫なのかと、心配されました。
何がどうなったのか、2011年、「アラブの春」をきっかけにシリアは、内戦になり、イラク難民が帰還するだけでなく、シリア難民がイラクに入り、難民キャンプができています。しかし、政治も治安も安定しないイラクが、難民を支援できるのかという問題もあり、さらにイラクが不安定になるかもしれません。
 また、今まで支援を受けていたアルワリード難民キャンプ。ここは、2003年のイラク戦争で家を失った難民が収容されているのですが、昨年の4月に国連が撤退(おそらくシリア支援に集中するためでしょうか)したために、大変な状態になっています。シリア内戦をこの地域の問題として、深刻にとらえる必要があります。
私たちは、2005年から、国境付近の難民の医療支援を行ってきました。主にスマイルこどもクリニックの協力で医師団を派遣し、健康診断を行っては、ヨルダン政府、UNHCRと交渉して、ヨルダン国内の病院で手術等を受けさせました。約2000万円の医療支援をこの当時、難民に対して行ったのです。その経験を生かし、現在では、アルワリード、カーイムの難民キャンプなどから医療を必要とする人たちを移送して治療する活動を開始しています。
また、がんの子どもたちのことが気になります。
2008年。かつてJIM-NETはシリアにあるBASMAというNGOと交流を持っていました。シリアのNGOですが、足りない薬の調達や、イラクからがん患者を受け入れ、ホテルなどの手配を行っていました。
ローカルスタッフのイブライムも、ソーシャルワーカーとして研修を受けたことがあります。イラクでは残念ながら信頼できるNGOが、出てこないなかで、非常に勉強させていただきました。そのシリアでは、がんになっても、病院に行くこともできず、死を待つしかないという状態には心が痛みます。何とか、アルビル等でちりょいうができるような枠組みを作ることが重要です。
昨年呼びかけたシリア支援の基金もおかげさまで150万円ほど集まりましたが、その先が続きません。
場合によっては、チョコ募金の収益の一部をシリア支援にも振り分ける決断をしなければいけないと思い、正月返上で、アルビルと、ヨルダンを調査しています。
帰国したらすぐにでも新しい体制を発表できればいいなと思っていますので、ぜひ皆様、今年もよろしくお願いしたします。
by kuroyonmaki | 2013-01-03 15:53