中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2007年 05月 16日 ( 1 )

ASAHI.COMで以下の記事を見つけました。
イラク戦争支持 安倍首相が検証姿勢
2007年05月15日23時20分

安倍首相は15日、イラク復興支援特別措置法改正案を審議した衆院特別委員会が「政府はイラク戦争を支持した政府判断を検証する」と盛り込んだ付帯決議を可決したことについて「我々としても当然これは踏まえながら、よく検討をしていきたい」と述べ、前向きに対応する考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

以下は、外務省が出しているイラク復興支援のパンフからの抜粋ですが、特にこのQ2が問題。日本は国連の意向を重視してこの戦争を支持したことは正しかったと主張していますが、イラクは国連の安保理決議案1441を全面的に受け入れ査察が再開されたこと。
アメリカは、687号を持ち出して新たに国連内で攻撃容認決議を取ろうとしたが、安保理では決議される可能性は少ないとして、同盟国のみの攻撃を開始しました。どういう判断になるのかしっかりウォッチしていく必要がありますね。
b0041661_4435341.jpg


国連決議1441とは、国連安全保障理事会において2002年11月8日に全会一致で採択された決議で、イラクの武装解除にまつわるものである。

その主な内容には次のものが含まれる。

イラクが大量破壊兵器を破棄しなければならないこと
そのための武器査察に全面的に協力しなければならないこと
それ以前の決議(国連決議1154)で査察の対象外とされていた大統領施設についても、他の場所と同じように査察を認めること
この決議に違反する行動をイラクがとった場合には、安全保障理事会は、それがイラクに対して重大な帰結をもたらしうるものだと再三警告したことを想起すること
同決議はイラクによって11月13日に受け入れられ、1998年以来退去していた国連の武器査察団が11月27日に査察を再開することになった。

[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-16 04:59 | イラク情報