中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ペシュメルガ

ドホークのホテルに泊まっていたら、ロビーにペシュメルガの兵士がいたので話かけてみた。休暇を取って前線から離れて、ホテルでリラックスしているそうだ。携帯電話には、「イスラム国」の兵士を殺した写真とか、遺体を得意げに、足蹴にしてる写真とがが入っていた。何人殺したの?と聞いたら5人という。いつもこのホテルに泊まっているので、子どもがなついている。男の子は、お母さんが歌手でホテルに住み込みで働いているらしい。
お父さんは離婚したので、なおさら強い男に甘えたいのだろうか?
兵士は、「散髪に行く」と言って外へ出て行った。
その夜、部屋で寝ようとしていると、キャプテンが呼んでいるというので、部屋に行くと、兵士らが酒を飲んでいた。キャプテンは、350人の部隊を率いている。
「ペシュメルガは、戦争をしているのではない。国を守っているのだ。そして世界の平和を守っているのだ。我々が戦わないと日本も「イスラム国」にやられてしまう」
ふむふむ。
「君たちがやっている支援活動と同じなんだ」
ふむふむ。
「ところで、わが軍には100名のボランティア兵がいる。残念なことに、わが軍には装備もないので、靴を寄付してくれないだろうか」
と真顔で相談された。
「いや、そういう話は、もっと上のところでしてもらわないと。。」とお茶を濁す。
モスルから電話。
アラビア語で、「もう疲れた」というような泣き言が聞こえる。
兵士たちの話では、後2週間くらいでモスルを奪還するらしい。
ペシュメルガは、1200人くらいが殺されたそうだ。実はこの数はすごい。一年もたってないもの。米兵は、5年くらいで4000人
キャプテンは目がとろんとして、「ちょっと休んでくる」と言って部屋に入っていった。
明日、また前線に戻るそうだ。
[PR]
by kuroyonmaki | 2015-04-09 13:52