中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

初めてイラクに行った時(イラク戦争10年回顧録)

2002年のイラクより

バグダッドの印象
9月21日の朝、ヨルダンのアンマンまで、イラク政府が派遣したバスが迎えに来てくれた。私は、バビロン音楽祭に参加する日本人の一行と行動を共にするために、おんぼろバスに乗り込んだ。ヨルダン砂漠を延々と走り、国境を越えイラク側に入るとミサイルを携えたサダム・フセイン像が我々を歓迎してくれる。何せおんぼろバスゆえに時間がかかる。ホテルに着いたのは朝の4時で17時間もかかってしまった。
 経済制裁のために、バグダッドの町は暗く沈みかえっているかと思われたが、道路や電気のインフラはきちんと整備されていた。街中にも、シリアやヨルダンを経由して届けられる輸入品があふれている。おそらくは、国家に金が回らないので、肝心のイラクの産業が機能せずに、高価な輸入品ばかりがやみで入ってくる。実際イラクの石油輸出額は、湾岸戦争以前の状態に戻っているという。しかしながら「イラク政府には現金を渡さない」という国連の制裁のために非常にアンバランスな状況を作り出してしまっている。ガイドをしていたサミールさんに聞くと、「確かに以前に比べれば物はあふれている。一方で確実に貧富の差が開いている。配給じゃ全く足りないのだけど、一方でいろんなビジネスができた。石油を売ったりするのは、国連が取り締まっているから、政府はあえて民間に売らせる。こういった特権の持った連中がいる。今まではパイプラインがあったが、今ではタンクローリーが長距離を走るので、国境近くの町では結構金持ちがいる。まじめに働いていたんじゃ一ヶ月数十ドルにしかなりやしない」とため息をつく。
 病院にいくと多くの子どもたちが白血病に苦しんでいる。湾岸戦争時に使われた劣化ウラン弾が原因で白血病や子どもたちの癌が増えているという。薬がないために十分な治療ができないという。国連の意思決定に時間がかかり治療に必要な薬がなかなか手に入らない。運良くヨルダンなどから闇で流れてくる薬を入手することができても、数百ドルはするので、一般庶民にとってはとても払いきれない。
「日本はかつてはイラクの朋友であった。自動車は殆どが日本製であったし、病院も日本の技術で建てられたものも多い。しかし残念ながら湾岸戦争以来、日本はいつもアメリカの背後で支援するようになっている。私たちは、日本の方々に尋ねたい。アメリカと一緒に今後もイラクの人々を苦しめようとするのかそれとも、我々の友人として振舞ってくれるのか」
マンスール教育病院のルアイ医師がはき捨てる。
 きれいな表通りとは裏腹に、下水があふれた貧民街があちこちに存在する。子どもたちの多くは、ものを売ったり、物乞いをしているありさまだ。結局、経済制裁によって、一部の特権階級(国連も含めた)が生まれたが、苦しむのは依然として普通の市民である。
 そんな中で10月15日、サダム・フセインの大統領信任投票が行われ、結果は、100%の支持率となった。街中には、祝賀ムードが漂い、あちこちに新しいサダム・フセインの肖像画が飾られた。
一緒にタクシーに乗っていた文化省のネダさんは「国民一人に2500ドルプレゼントされるらしい」とラジオのニュースを訳してくれた。彼女はそわそわして、あちこちで、真偽を質していたが、結局は噂に過ぎなかった。しかし、恩赦により囚人を全員釈放することが決まったそうだ。ネダさんは、とってもがっかりしてしまった。実際、お金をもらった人もいる。21日の月曜日には50,000組のカップルが5星ホテルでの2日間の宿泊とお祝い金を受け取ったという。ホテルの近辺では、太古とトランペットのリズムでみんな狂ったように踊り、結婚式とサダム・フセインを祝福した。こういったやり方で民衆の心をつかんでいく。
イラク人は、戦争についてどう捕らえているのだろうか。
「逃げないって?ここは俺たちの土地だ。最後まで戦うよ。後は神が決めることだ」と楽観視している人が多い。「サダムは席が欲しいわけだし、アメリカは石油が欲しいわけだ。サダムが座ったままで石油を振舞えば、戦争なんてすぐ終わってしまう」という人もいる。ある意味で、イラクは持てる国の強みというものがあるのだろう。「アメリカがいつ攻撃してくるかって?そんなのは誰にも分からない。子どものわがままは予想がつかないだろう」と赤新月社のジャマール医師は頭を抱えた。
b0041661_12384155.jpg

[PR]
by kuroyonmaki | 2013-03-24 12:38 | イラク情報