中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

イブラヒムの千夜一夜物語 第三夜

ユーセフ・アブド・フダイエ君は13歳です。 骨ガンをわずらい、2回の手術をおこないました。2009年から化学療法を始めましたが、2009年の終わりにガンが再発
b0041661_240442.jpg

今年1月10日になくなりました。
彼は農家に住んでいます。彼の家を訪問すると、近くにはたくさんの戦車が捨てられていました。父親は、アメリカが2003年にDUで攻撃したといいます。なぜそうおもうのか家族に聞いたら、戦車が爆発するときの炎が青かったからだといいます。
ユーセフ君は7人兄弟だったが、現在弟のアバース9歳が白血病で苦しんでいる。2008にケモ。まだつづけています。
b0041661_248593.jpg

b0041661_2472671.jpg

私は、この一家がガンでくるしんでいるのは、劣化ウラン弾だと思います。原因が劣化ウラン弾だということが科学的に実証されていないのは知っています。
でも、科学者が、劣化ウラン弾が安全だということを実証してくれれば、私はそれを信じます。
ここでこうして、くるしんでいる人の話を聞いていると、科学者がきちんと、劣化ウラン弾は安全だということを証明してくれない限り、やっぱり劣化ウラン弾だと思ってしまう。非科学的といわれようが、思ってしまう。
その気持ちがわかるでしょうか?
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-02-22 02:55 | アンマン滞在日記