中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー

映画上映と講演会

ヒロシマからイラクへ

b0041661_2253158.jpg

限りなき義理の愛大作戦は、まだ終わっていません。
これが最後のイベントです。
日本人がなぜ、イラクなのか?
ヒロシマの原爆と劣化ウラン、戦争とは何か?どうしたら平和が作れるの?
 
映画「千羽鶴」の上映です。
なんと入場無料!
まだ、席に余裕があります。私もしゃべることになりました。

2月22日(日) 午後2時開演 於 文京学院大学 仁愛ホール

クラスメイト(佐々木禎子さん)の死をのりこえ、「原爆の子の像」建設を目指した子どもたちの、平和へのひたむきな気持ちを描いた映画『千羽鶴』(1958年)が、半世紀の歳月を超え、今わたしたちに問いかけるものは?
イラクの子どもたちが直面する、がん・白血病は、彼らの体内に取り込まれた「 劣化ウラン弾」の極超微粒子による内部被曝によってひき起こされると考えられています。
ヒロシマから半世紀を経てイラクの子どもたちに襲いかかる放射能禍。
わたしたちは唯一の被爆国の市民として、何をすべきなのか? 何ができるのか?

○ トーク :『命・環境・平和を語る』 鎌田實 JIM-NET代表
○ 報告:イラクの子どもたちの最新情報 佐藤真紀 JIM-NET事務局長
○上映:『千羽鶴』1958年 監督:木村荘十二
                  出演:菅井美智子、木内三枝子、加藤嘉 他

  ■ 日時:2月22日(日) 午後2時~4時30分 (開場 午後1時15分)
  ■ 会場:仁愛ホール
         (文京学院大学本郷キャンパス 島田依史子記念館)
  ■ 共催:学校法人文京学園、JIM-NET  ■ 協力:共同映画株式会社
  ■ 入場無料
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-02-20 22:09