中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ペシュメルガ

ドホークのホテルに泊まっていたら、ロビーにペシュメルガの兵士がいたので話かけてみた。休暇を取って前線から離れて、ホテルでリラックスしているそうだ。携帯電話には、「イスラム国」の兵士を殺した写真とか、遺体を得意げに、足蹴にしてる写真とがが入っていた。何人殺したの?と聞いたら5人という。いつもこのホテルに泊まっているので、子どもがなついている。男の子は、お母さんが歌手でホテルに住み込みで働いているらしい。
お父さんは離婚したので、なおさら強い男に甘えたいのだろうか?
兵士は、「散髪に行く」と言って外へ出て行った。
その夜、部屋で寝ようとしていると、キャプテンが呼んでいるというので、部屋に行くと、兵士らが酒を飲んでいた。キャプテンは、350人の部隊を率いている。
「ペシュメルガは、戦争をしているのではない。国を守っているのだ。そして世界の平和を守っているのだ。我々が戦わないと日本も「イスラム国」にやられてしまう」
ふむふむ。
「君たちがやっている支援活動と同じなんだ」
ふむふむ。
「ところで、わが軍には100名のボランティア兵がいる。残念なことに、わが軍には装備もないので、靴を寄付してくれないだろうか」
と真顔で相談された。
「いや、そういう話は、もっと上のところでしてもらわないと。。」とお茶を濁す。
モスルから電話。
アラビア語で、「もう疲れた」というような泣き言が聞こえる。
兵士たちの話では、後2週間くらいでモスルを奪還するらしい。
ペシュメルガは、1200人くらいが殺されたそうだ。実はこの数はすごい。一年もたってないもの。米兵は、5年くらいで4000人
キャプテンは目がとろんとして、「ちょっと休んでくる」と言って部屋に入っていった。
明日、また前線に戻るそうだ。
[PR]
by kuroyonmaki | 2015-04-09 13:52

希望の足作戦

JIM-NETが2013年から始めたのが「希望の足」ヨルダンでは、戦争で怪我をした人たちがたくさん障害者になっている。そういう人たちの足となってポンコツの車を動かし、体を張って病院や、リハビリセンターに送り迎えをしていたのが、イマッドさんだ。
 今回は、ヨルダンで少しだけ時間があったので、イマッドさんの活動に同行した。
朝、アンマンの飛行場まで迎えに来てもらった。イマッドさんにホテルに連れて行ってもらうようにお願いした。
12時間くらいしかアンマンに滞在する時間がなかったので、一応ホテルで、仮眠しようかと思っていたが、イマッドさんは、いろいろ患者さんの話を始めた。「癌の子どもがいるんだけど」「父親が刑務所に入れられた子どもは足を切断して。。。」そして、気が付くと、ホテルではなくイマッドさんの家に連れて行かれた。
仮眠している場合じゃない。イマッドさんは朝ごはんを食べさせてくれて、さあこれから一仕事だという。
病院にいる患者から電話が入り、ラムサに運ぶという。
 病院につくと3歳のかわいらしい女の子がお父さんに抱きかかえられて車に乗ってきた。そしてもう一人は、やけどをしたおじさんだった。
スェーダンさんは、たる爆弾で大やけどをした。上半身はケロイドだらけで4回皮膚の移植をした。そして、病院でリハビリを続けている。週末は家族が待つラムサに帰る。
彼は、爆撃に会い意識が戻るのは5日後だった。何が起こったのか全く覚えていないという。

 春の日差しが心地よい。沙漠だった丘にも草や花が咲き乱れている。
数日前から、ヨルダンとシリアの国境が完全に閉鎖されてしまったので、途中シリアに帰るトラックが立ち往生していた。

 もう一人のお客さんはドアちゃん。3才と4か月だ。気持ちよさそうに車の中では寝ていた。

b0041661_03254039.jpg
b0041661_03324240.jpg
こんなに小さな義足を作ってもらった。でも骨が成長して、近く骨を削り取る手術をすることに。



[PR]
by kuroyonmaki | 2015-04-04 03:49 | シリア