中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アルビルでは気が付くとクリスマス。
IMG_1143

アルビルのショッピングモールではこのようにクリスマスの飾りつけがにぎやかになっています。そういえばすっかりと忘れていました。毎年JIM-NETではサンタクロースが、ナナカリー病院を訪問して子どもたちにプレゼントを配ることになっています。そこで、さっそく病院に相談したところ、キリスト教関係のチャリティ団体がプレゼントを配りに来るとのこと。そこで、せめてケーキでも買っていこうということになりました。
1526815_10152078474979076_1061546510_n

アンカワにあるケーキ屋さんで頼んでおいたケーキを取りに行きます。この日はシリア難民の学生アルバイトのM君が30分遅刻。聞くと道に迷ったそうです。彼は根っからの方向音痴。まあ、高校を卒業したばかりで、シリア内戦のために大学に行けなくなったので、アルビルに避難してきた。社会経験があまりないので、ちょっとどんくさい。でも、いいやつです。頼んでおいたケーキは、いろいろ注文を付けておいたのでできるのが楽しみ。しかし、M君は少しどんくさいので、べっちゃっと落さないように気を付けないと。
1513258_10152078482499076_700118020_n

病院からは宗教的にならないようにとの注文がありましたので、文字もメリークリスマスではなく、毎年がいい年でありますように!
「クル・アーム・アントン・ビヘイル」というお祝いの言葉を入れてもらいました。ところがケーキ屋から出てくるといきなり、カラシニコフを担いだクルド軍のミリタリーポリスに呼び止められました。カメラをチェックするというのです。そこはアメリカ領事館があるらしく、装甲車がとまっていますが、セキュリティの為か星条旗は上がっていません。
「なんで?お店の中でカメラを回していただけで決して領事館の方は写してませんよ」といってその場で写した中身を見せるが、「上がチェックするので待ってなさい」といってビデオを持って行かれた。「じゃあ、その上のアメリカ人に合わせなさい!ここは、クルドなんだから、なんでアメリカ人がそこまでする権利があるんですか?領事館の中ならともかく、ケーキの写真撮ってなんでアメリカにビデオをチェックされなきゃいけないのか。勝手に大事な写真を消されでもこまるから、立ち会わせなさい」
「まあまあまあ、5分で終わりますから」とポリスが言っているうちに、「5分立ちましたよね。がんの子どもたちが待っているんですよ」というが、「あと2分待ちなさい。アンタの言っていることももっともだが、私たちには命令に従うだけです」と言っているうちに2分が過ぎた。そのうちに、太っちょのアメリカ人が出てきて、「ここは、あちこちにスナイパーが配備されているんですよ。スナイパーが写っていないかチェックさせてもらいました」。言われてみると、あちこちの屋根にスナイパーがいる!ともかく、ビデオを返してもらいあわててナナカリ―病院に向かいました。途中車の中で「ケーキは?」M君、「トランクに積みましたよ」「おいおい、急ブレーキかけたらテントウムシがつぶれるでしょうが」途中で車泊めて、トランクからケーキを持ってくるとふたが開いていましたが中は無事。よかった。「ケーキはこうやって膝に抱えて持つんだよ」と教える。病院に到着。学生アルバイトのM君がビビりながらケーキを運んだおかげで、箱を空けるとテントウムシが2匹完全に落ちていました。ありゃ!看護師のホーシングさんが、大丈夫!といってフォークで持ち上げて元に戻すも顔はつぶれ折角のケーキが台無しに!
1514038_10152078727634076_1348458746_n
P1190750

それでも、皆でおいしくケーキをいただきました。
[PR]
by kuroyonmaki | 2013-12-26 05:59 | イラク情報
チョコ募金の受付が始まりました。
12月1日は、いつも袋詰め作業をお願いしている登戸の障がい者福祉作業所の「はなみずき」にブースを出させていただきました。P1190525

この日は「KFJ多摩祭り」一般に開放してのお祭りです。
所長の風間さんは、「袋詰め作業は知的障害の利用者にとって生きがいになっています。来年も是非続けてほしい」とお願いされました。右が風間所長。
P1190522

いつも作業している利用者さんの一人は、チョコ募金4セットしてくださって、「そんなに有名なの?」と何度も繰り返して大喜びでした。また、別の方は500円コインを握りしめて、JIM-NETのコーナにやってきて、付き添いのボランティアさんからは「無理しないでいいのよ」と何度も言われるのをよそに、「家族の絆」(黒いパッケージ)を選んでくれました。
この日は、110個のチョコ募金で、合計55000円を達成。
P1190517

サブリーンの絵も会場に飾らせてもらい、来場者を元気づけていました。
今年は、少し出遅れてしまったチョコ募金。責任者の斉藤も元気いっぱいチョコ募金を呼び掛けておりました。
はなみずき

普段はチョコ作業をしてくださっている利用者の皆さんです。
2009年からはなみずきさんと一緒に仕事をするようになり、最近では、作業してくれる障がい者の皆さんも元気になるようなデザインを心がけています。イラクの子どもたちの絵にはそんなパワフルな力があります。

チョコ募金の申し込みはこちらから
http://www.jim-net.net/choco/
[PR]
by kuroyonmaki | 2013-12-02 16:42 | 007限りなき義理の愛大作戦
12月2日から一般受付が始まるチョコ募金。
11月30日に水道橋のスペース・タンポポで、キックオフ集会が開催されました。会場には約70名の参加者がありました。
事務局長の佐藤が、今年のコンセプト「絆ぐるぐる」を解説。デザインの説明をおこない、鎌田代表から「命」の講演。
サブリーンの話になると会場にはすすり泣く人たちも。
サブリーンは、イラクの小児がんの患者で2009年に、「私は、死にます。でも幸せです。私の絵を使ってくれてありがとう。イラクのこと忘れないで」と言い残してなくなりました。
彼女の遺志を引き継ぎチョコ募金を続けています。
2009年は、サブリーンの様態を毎日イブラヒムが電話とメールでレポートして、死ぬ瞬間まで皆で見守って応援していたのです。
「絆ぐるぐる」は、イラク-福島-シリアと多地域に渡った支援ですが、子どもたちの命に向き合うというJIM-NETの原点に立ち戻るという気持ちを込めて、サブリーンの絵をほうふつさせるファートマちゃんの絵を使っています。
後半は、現地の榎本とスカイプをつなぎ、支援しているナナカリー病院からの中継。
入院している患者が手を振ってくれたりとイラクが近くなりました。
そして、村田が福島の現状報告、大嶋から絆ぐるぐるの被災地で使わらなかった衣料を送るプロジェクトの紹介がありました。

さあ、いよいよ一般受付も開始。
http://www.jim-net.net/choco/チョコ募金はこちら

CIMG3673

現場とスカイプで中継。鎌田代表がコメントする。
[PR]
by kuroyonmaki | 2013-12-02 00:53 | 007限りなき義理の愛大作戦