中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

福島の子ども達。避難すればいいのは決まっているが、それがかなわない人たちがたくさんいる。僕自身、今すぐ引越しセよといわれても、仕事をやめるわけにもいかず、家の処分も大変。そう考えると、わかりやすいだろう。福島に暮らす限り、たとえ一日でもいいから子ども達の被ばく線量を下げてあげたい、また、精神的なストレスを低減させたいという思いから、移動保育を支援している。
今日は猪苗代スキー場で遊ばせるというので小玉と同行した。
こどもたちの反応がいい。
8歳の少年はいきなり、車中で小玉に、「小玉さんは結婚しているの」と聞いてくる。
「なんでそんな質問するの」ときくと、「こんな人でも結婚できるのかなあとおもったから」とのこと。

それはともかく、久しぶりに思いっきり雪遊びしている子ども達の様子を動画でアップロードしましたのでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=aJtjDedtpgk&feature=youtube_gdata
b0041661_029242.jpg

参加者の子どもたちにはチョコレートを差し上げました。
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-29 08:26 | 原発

雪がでかかった

b0041661_12441035.jpg

[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-25 12:45
「イラクと福島のバレンタインデー」
Chocolate for peace!
写真と絵画で見るイラクと福島のきずな
2月1日〈水〉―2月15日〈水〉
main

b0041661_18554245.jpg


期間2月1日〈水〉―2月15日(水)
場所:鉄板焼「大都会本館」地下展示室
   高田馬場徒歩3分 東京都新宿区高田馬場 4-11-8
b0041661_18512136.jpg

こんな感じでトークショーも開催しています。

時間:
[ 昼 ] 11:30~15:00
[ 夜 ] 17:00~22:00
内容:

会場ではチョコ募金を行います。
IMG_3790

1)展示内容
○イラクと福島の写真戦渦の爪あとを必死に生きる子ども達、放射能禍を生きる福島の人々の写真を展示します。
○イラクの少女が描いた赤い花 今年のチョコレートの絵は全てハウラの絵が使われています。ハウラは、イラクのサマーワというところで生まれました。10歳の時白血病になりました。米軍が使用した劣化ウラン弾の放射能が原因かもしれません。サマーワには病院がなく300kmほど離れたバスラの病院に通いました。日本の支援で治療が終了。闘病中に書き続けた絵は、日本中を魅了しました。「ハウラの赤い花」という絵本も出版され、映画「瞬き」(北川景子、岡田将生出演)にも使われました。そんな彼女が今度は震災で苦しむ日本を元気にしたいと一生懸命かいた絵を展示します。
○イラクから寄せられたメッセージを展示
○ジェフリードさんと福島の子ども達
ジェフ・リードさんは今年夏まで福島県奥会津に暮らしてましたが、現在はご家族と一緒に京都府に避難されています。彼はもともと、ホームレスの人たちの肖像画を描くことをライフワークにしてきましたが、震災以後、福島の子どもたちの状況を世界に伝えるため、福島の子どもたちとの共同制作絵画プロジェクトを進めており、すでに100人近くの子どもたちと絵を描いてきました。構図や色などは子どもたち自身が決めて、ジェフさんが子どもの顔を描き、子どもがまわりの絵やメッセージを描くという手法です。絵画制作を通して、震災以降、子どもたちが感じている怒りや悲しみ、無力感、将来への夢といったさまざまな感情を自己表現できるようにすることもめざしています。


トーク・イベント 19:00(18:30開場)
2月2日 「福島の声を聞こう」富塚千秋(福島 避難母子の会 in 関東)
小玉直也(JIM-NET福島プロジェクトコーディネーター)
      聞き手 佐藤真紀(JIM-NET事務局長)
○福島【郡山市】から避難してきた冨塚さんを中心に、JIM-NETの小玉と佐藤がどういった支援が必要なのかを考えます。また、先程行われた脱原発世界会議を振り返り、これからの福島を語ります。
     
2月7日 「カカオ豆をフェアトレードする」      お話し 吉澤真満子【APLA事務局長】
チョコレートといえばカカオ豆。カカオ豆をめぐり児童労働や、農民の搾取が問題になっています。フェアトレードのチョコレートが問題を解決できるのでしょうか?
チョコがどんなふうに作られるのか興味津々の内容です。

2月12日 「貧困と東日本大震災」 
この日は昼です。14:00-15:00お話し: 稲葉剛さん【NPO法人自立生活サポートセンター・もやい 代表 理事】
東日本大震災が貧困に与えた影響はどうなのでしょうか?被災地の貧困、東京の貧困を考えます。

バレンタイン・ガーデン2月11日、12日 
今回協力団体の皆さんから、イラクや福島にまつわるもの、フェアトレード商品などをお持ちいただき販売していただく2日間。写真や絵画を見ながら、マーケットをお楽しみください。
出店予定:二本松のまるごとニンジンジュース(セシウムは、未検出)フェアトレード・コーヒーなど。


協力団体:
特定非営利活動法人APLA
特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい
NPO東北あしたの森
福島 避難母子の会 in 関東 
パレスチナオリーブ
わ田や
鉄板焼「大都会本館」
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-25 12:42
WE21は神奈川にあるリサイクルショップです。
一般募金やチョコ募金に協力してくださっています。今日は、こうほく(大倉山)にやってきました。
昨日は雪が降って、朝方には路面が凍結。しかし、横浜は、東京よりもあったかく雪は積もってなかったみたいです。
IMG_9411

福祉作業所とも連携して、サブリーンの絵画を展示。
IMG_9404
茶話会では、JIM-NETのチョコを使った手作りお菓子をつまみながらイラクと福島のお話です。
IMG_9409

缶をバッチのようにつけている人も!
IMG_9426

こちらがリサイクルショップです。
中はこんな感じで、掘り出し物がたくさんあります。
IMG_9415

IMG_9413

チョコ募金も出来ます。チョコ募金は電話での注文受付は終わりましたが、お店や、イベント会場では、まだ続きます。是非、お店を覗いてください!

ほかにもチョコ募金できるお店は以下をご覧ください。
http://www.jim-net.net/choco/shop.php
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-24 22:58
IMG_5666-1

伊達市を車で走ると不思議な柿のきがあります。まるでさるすべりのような柿の木。伊達市は果樹王国といわれており、中でもあんぽ柿が有名ですが、今シーズンはセシウムがでる可能性があるので、出荷を差し控えたとのこと。
この柿木、実は除染してあるのです。
柿は、根が深くセシウムは表土5cm以内にとどまっているので根っこからの吸収はほとんどなく、むしろ木の皮についたセシウムが問題だと考えているそうです。そこで、皮を削り高圧洗浄で流すことで除染が出来ると期待しています。削った皮や高圧洗浄の水はそのまま下に落とします。これで60%はセシウムを低減できるというのですが、農家さんは「半信半疑」だといいます。しかし、やってみないと結果も出ない、結果を見て高価があれば嬉しい。
農家の除染作業に関しては、伊達市の場合、農協が除染作業員という位置づけで、時給2500円を支給するそうです。3人一組で自分の畑を中心に作業を行います。ともかくやってみることに関して、時給が支払われるというのは、モチベーションを高める上でもいいのではと思いました。
IMG_5722


IMG_5732

除染が終わった木には、ピンクのリボンが巻かれる。
桃の木は皮を剥げないので高圧洗浄のみ。

文責:さとうまき
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-23 02:08
すべては、一枚の絵から始まった。今回チョコの絵を描いてくれたのがハウラ。
イラクのサマーワで暮らす。彼女は白血病だった。闘病中に描いたのが「赤い花の絵
」この絵のインパクトがすごい。多くの人たちが使いたいといてきた。
そのひとつが映画「瞬き」の中でもでてくる。監督にハウラの絵を渡した。
その中で、やっぱり「赤い花」の絵を映画の中で使うことに。
主演 北川景子、岡田 将生
b0041661_11451924.jpg

このシーン、ハウラの絵にそっくり!ハウラの絵にインスパイヤーされた?
b0041661_1153221.jpg

b0041661_11454030.jpg

美大生の岡田将生が卒業制作でスランプになっているところに、北川景子がやってきて、この花を描いてみたら?と勧める。
b0041661_11455435.jpg

岡田が差し出したのがハウラの絵。「この絵は戦争で傷ついたイラクの子どもが描いた絵。僕はこんな風に素直に描けない」というようなことを言っていたと思う。
DVDがでています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0049B3OEU/douga0b-22/ハウラのチョコは間もなく締め切りになりますのでお早めに!申し込みはこちら
http://www.jim-net.net/choco/
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-19 11:59 | 007限りなき義理の愛大作戦
b0041661_1091211.jpg

今年のチョコ募金の記事がのんびるで取り上げていただきました。
ネットでの申し込みは、多分20日の金曜日で終わりそうです。
その後は、高田馬場の「大都会」展示室で2月1日ー15日のイベント会場のみになります。
ネット注文はこちら
http://www.jim-net.net/choco/
イベント<2月1日ー15日)
高田馬場
Chocolate for peace!
写真と絵画で見るイラクと福島のきずな

・JIM-NETの支援してきたイラクの小児ガンの子どもたちが、日本を励ますために描いてくれた絵を展示。今回のチョコレートのパッケージに使われた絵も展示。
・福島の子どもたちの絵や写真
・JIM-NETの活動を写真で紹介

日 時 2月1日(水)~15日(水)昼 11:30~15:00 夜 17:00~22:00
場 所 鉄板焼「大都会本館」地下展示室
東京都新宿区高田馬場 4-11-8

JR山手線 高田馬場駅下車
「早稲田口」徒歩3分 
早稲田通りを中野方向に歩き西友の向いです。
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-19 10:26 | 007限りなき義理の愛大作戦
イラクで出来ないがんの治療に放射線治療があります。なぜ、イラクでは放射線治療が出来ないかというと、1991年の湾岸戦争後、イラクが核開発の疑惑のために、制裁をうけ、放射線関連の機材などを輸入することが出来ず、イラクの医師が、放射線を取り扱う技術を身につけることすら許されなかったのです。
 イラクの核開発の疑惑に関しては、フランスが、1970年代の後半から「平和利用」ということで原子炉を提供。1982年に稼動する予定でしたが、イスラエルは、核兵器の開発につながるとして、1981年に、いきなりイラクに建設中の原子炉を空爆しました。一方、イスラエルは、既にこのときフランスから購入した原子炉で、核兵器を開発していた事が、後になってわかりました。イラクの核施設は、湾岸戦争後は、国連の査察を受け、核物質は、厳しく管理されますが、1998年、当時のクリントン政権は、査察団にCIAのスパイをもぐりこませたとして、サダム・フセインは、査察団を追放。緊張感が高まります。そして、アメリカとイギリスは、イラクを空爆(砂漠の狐作戦)空爆は12月16日ー19日の4日間で終わりました。この攻撃で、イラクは完全に国連の査察を拒否するようになりましたが、2001年911のテロで、イラクの核兵器開発および所有の疑惑が、高く、国際テロと結びつくと大変なことになるという、証拠のない恐怖が語られ、2003年のイラク攻撃につながったのです。
サダム政権が崩壊し、アメリカの占領が始まると、こともあろうか、核物質が管理保管してあった施設がイラク人の略奪にあいます。ドラム缶が欲しいという貧しい市民が押し寄せ、高濃度のウラン(イエローケーキ)が入っていたドラム缶を持って行き、川で洗ったといいます。イラクでは、劣化ウラン弾の影響で小児がんが増えているといわれていますが、このときの、イエローケーキの拡散による放射能の影響もあるのではないかと思われます。
さて、そのような皮肉な歴史から、イラクでは、放射線治療の技術はほとんど育ちませんでした。未だに、その状況は続きます。バスラでは、近く機材がそろうようですが、治療が出来るようになるにはまだ時間がかかりそうです。
そこで、JIMーNETでは、バスラの小児がんの病院に通う子ども達で、放射線治療が必要な子どもたちをイランに連れて治療させるというプログラムを2009年に開始しました。(最初の患者は、サブリーン・ハフェド)イランのアフワズ州にあるキルスタン病院はバスラから、200kmほどです。2011年度は7名の患者を治療する予算で、11月に既に7名の患者がイランで治療を受け予算消化してしまいました。
しかし、現地スタッフのイブラヒムから、緊急性を要するということで、患者の追加の要請がありました。サジダさんといい、17歳の女の子です。骨髄のガンを患っています。父親が早く亡くなっているそうです。
13歳のときにガンと診断され、抗がん剤の治療をしてきましたが、経過があまり芳しくなく、背中の痛みなどがひどくなっているそうです。
そのため、緊急にイランの病院に搬送して、放射線治療を試みたい、とのことでした。
さてどうしたものかと悩んでいたら、沖縄平和市民連絡会から、バグダッドの病院の支援にということで340万円の支援の申し出があり、相談した所、50万円をサジダさんの治療費に充てることが出来ました。
イラクは、核兵器の開発所有という疑惑で、武力行使を行ないましたが、結果としては、10万人以上のイラク市民が死んでしまいました。そして、先ほどのイエローケーキの拡散と、米軍が新たに使用した劣化ウラン弾の放射能で、未だに、がんが発症して苦しみ芯で行く人々がいます。その人たちの多くが、治療すらまともに受けられないという、核燃料サイクルから生まれた悲劇が垣間見られます。
イランも核開発の疑惑で、アメリカとの緊張関係が続いていますが、人道的なスペースは、守らなければなりません。
現在イブラヒムは、サジダさんに同行し、イランにいます。

mail.jpg
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-09 08:38 | イラク情報
新宿エコギャラリーで開催中の東日本大震災写真展に、僕がイラクと東北で撮影した写真が展示されています。吉田香代子さんにとってもらった写真も2枚飾っています。1月15日までですので是非ご覧ください。
詳細はこちら
http://www.shinjuku-ecocenter.jp/event/2012/01/01_20120115_01.html

20120115_01_014.jpg
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-08 22:03 | 日本でのイベント
■緊急集会■(拡散希望)

「原発? No, thank you!」ヨルダンの国会議員・弁護士は訴える


【日時】 1月16日(月)18時45分~21時(18時30分開場)
【場所】 在日本韓国YMCA 9階国際ホール
(千代田区猿楽町2-5-5 JR水道橋駅より徒歩6分 
地図は http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/参照)

【参加費】 800円(資料代込み)
※事前申し込みは不要です。直接ご来場下さい。

【発言者】

〇鈴木真奈美(フリーランス・ジャーナリスト)
〇モオタシム・アワームレ (ヨルダン国会議員/保健・環境委員長)
〇ジャマール・ガッモー (ヨルダン国会議員/エネルギー委員長)
〇ムナ・マハメラー (ヨルダン弁護士)


 日本政府・原発メーカーがヨルダンに対する原発輸出計画を進めています。ヨルダンの建設予定地は内陸部にあり、40キロ圏内に首都アンマンがあるばかりでなく、100キロ圏内に人口過密なパレスチナの西岸地区がすっぽり収まってしまう場所で、大変危険です。原発には大量の水が必要なのに、ヨルダンではそもそも水が不足しています。ヨルダン渓谷は地震のリスクもあり、砂漠での太陽光発電を推進すれば、原発など必要ありません。また、日本国内で稼働中の原子炉の停止や廃炉が実現しても、原発輸出が続き、原発産業を取り巻く構造が温存されるなら、それは「脱原発」ではありません。

現在原発事故によって多数の「国内難民」が生み出されている状況は、1947-48年のパレスチナ人社会の崩壊とパレスチナ人の難民化(ナクバ)を思い出さずにはいられません。またヨルダンの人口はそもそも7割がパレスチナ人ですが、ひとたび事故が起これば彼らをさらなる難民化に追い込む原発の建設について、彼らの意思が問われることなく進められていくのは大変問題です。

 上記の点はこれまで日本のなかでも指摘されてきましたが、ヨルダンの国会議員や弁護士のなかにも原発建設に反対している人々が存在します。彼らの声が直接日本社会に伝われば、現在の状況を変える大きな力になるでしょう。そこで1月14-15日の「脱原発世界会議」に合わせて来日するヨルダン国会議員2人と弁護士をお招きし、緊急の集会を開くことにしました。あわせて日本による原発輸出がもつ問題について、ジャーナリストの鈴木真奈美さんにお話し頂きます。

【発言者プロフィール】

〇鈴木真奈美(すずきまなみ/フリーランス・ジャーナリスト)

原水禁事務局国際、国際環境NGOグリーンピースで核問題、気候/エネルギー問題
などを担当してきた。著書に『プルトニウム=不良債権』(三一書房)、『核大国化
する日本』(平凡社新書)、訳書に『核の軛』(七つ森書館)など。

〇モオタシム・アワームレ(Motasem AWAMLEH/ヨルダン国会議員、保健・環境委員
長)

医師、地域医療の専門家として、地域における早期診断、環境や職業による健康被害
の認識向上、疾病予防を推進。バルカ県諮問委員会委員を経て、現在はヨルダン保健
省顧問、健康保険局局長、ヨルダン大学講師を兼務。
〇ジャマール・ガッモー(Jamal GAMMOH/ヨルダン国会議員、エネルギー委員長)

大学では電気工学の学士号を取得。建設会社の元役員。ヨルダン技術者協会(JEA)
およびヨルダン建設業協会(JCCA)会員。
〇ムナ・マハメラー(Mona MAKHAMREH/ヨルダン弁護士)

弁護士歴15年。1997年に独立し事務所を設立。人権、非暴力、小型兵器、異性間での
暴力、ミレニアム開発目標などの分野で活動。核兵器廃絶国際キャンペーンほか中東
地域および国際的な反核運動に参加。



【主催】

ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉

【共催】

FoE Japan
JACSES(「環境・持続社会」研究センター)
JSR (アル・ジスル-日本とパレスチナを結ぶ)
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
NINDJA(インドネシア民主化支援ネットワーク)
福島原発事故緊急会議
PARC(アジア太平洋資料センター)

(1月8日現在)

【連絡先】
ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉
[郵便物送付先]
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1 - 1
東京ボランティア・市民活動センター メールボックスNo.114
[メールアドレス] midan.filastine@gmail.com
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-08 12:34