中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 この記事読んでると、国は、除染を産業にしようとしているが、捨てる場所もないのに、どう考えても責任もってやるとはおもえない。お金だけが、業者に流れるだけか?

 
東日本大震災:汚染土壌を福島で中間貯蔵、最長30年 来年度に場所選定

 ◇仮置き場に3年 最終処分は県外で--政府工程表
 政府は29日、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の除染に関し、汚染された土壌や廃棄物の中間貯蔵施設建設へ向けた基本的な考え方と工程表を福島県側に示した。建設場所は県内とし「遅くとも12年度中に選定する」と明記。貯蔵期間は30年以内に区切り、最終処分は福島県外で行うことも盛り込んだ。中間貯蔵施設の運用開始は3年後をメドとし、それまでは各市町村に設ける仮置き場に保管する。自治体側は仮置き場を探すのにも苦労している状況で、除染の先行きはなお不透明だ。

 細野豪志環境相兼原発事故担当相が同日、福島県庁を訪れ、佐藤雄平知事に説明した。細野氏は「福島県では除染に伴い大量の汚染土壌が発生する。大変申し訳ないが、県内に中間貯蔵施設をつくるのをお願いせざるを得ない」と要請。知事は「精査させてほしい」としたうえで、施設の規模や条件の早期明示▽仮置き場に対する県民の不安解消▽県・市町村の意向の最大限の尊重--を求めた。

 被ばく線量が年間1ミリシーベルト以上の地域は国が責任を持って除染する方針。工程表は文部科学省による9月18日時点の航空機モニタリング結果をもとに、中間貯蔵施設で保管する容量を約1500万~2800万立方メートル程度、敷地面積は約3~5平方キロと想定。対象は今回の事故で汚染された土壌や廃棄物に限定し種類や汚染のレベルに応じ分別して保管する。減量化を図る中間処理設備も併設する。

 ただ、具体的な立地場所の選定は先送りし、保管容量や施設の規模が明らかになった段階で「関係市町村や地域住民の理解と協力を求める」とするにとどめた。中間貯蔵施設が事実上の最終処分場になる懸念が県側にあることを踏まえ、細野氏は「放射性物質の分離・濃縮など技術の研究開発を進め、最終処分のあり方に責任を持って取り組んでいきたい」と理解を求めた。

 仮置き場は市町村ごとに設定し、警戒区域や計画的避難区域では環境省が確保する。住民側には仮置き場からの放射性物質の漏出や放射線被害への不安も強く、細野氏は市町村長らに「国としても仮置き場の選定や安全の確保、財政措置を責任を持ってやりたい。一定期間の後には中間貯蔵施設に移動させる」と強調した。

 福島県以外の都道府県の除染については、汚染土壌の量が比較的少なく、汚染のレベルも低いことから、既存の管理型処分場などを活用し、中間貯蔵施設の建設は検討しないとした。【笈田直樹】

毎日新聞 2011年10月30日 

 
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-30 09:08
昨日は、山口県の方からいただいた自動車の名義変更に行く。
意外と手続きは簡単だった。ただ、ナンバープレートを自分ではずさなければならず、後についているナンバープレートのねじの所にアルミでキャップがしてあり、そこに山口なら山と書かれているのでどうやってはずすのかわからなくて、近くにいたおじさんに聞いたら、強引にドライバーを突っ込んだらアルミが破れてねじがでてくる
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-29 20:39 | 原発

ラジオ出演のお知らせ

皆様、イブラヒムの来日ではお世話になりました。
昨日無事に帰国の途に着きました。

さて、明日月曜日のNHKラジオ<第一放送)で、イブラヒム来日の総括をしま
す。
18:30頃のオンエアです。
「私も一言!夕方ニュース」の中の「早川解説委員の“ここに注目”」

テーマは「震災経験をあすに生かす」です。

▽24日(月) 「イラク人が見た被災地」 
    JIM-NET(ジムネット)日本イラク医療支援ネットワーク事務局長 佐藤 真紀(さとう・まき)さん(スタジオ)

また、イブラヒムのTV出演は
http://www.ourplanet-tv.org/
をご覧ください。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-23 12:00 | 日本でのイベント
イブラヒムが集めたお金825ドルを換金すると62000円!
子ども達への支援がないかと考えていた所、どんぐり保育園の上國料さんから連絡がありました。
福島に残っている保育園に通う子ども達。残るからには出来るだけ放射能を下げてあげたい。
しかし、保育園にあずけられている子どもたちは外で遊べない。
「運動量が少なくなっているので、昼寝もしない、食も細くなっている。親もかなり神経質になっているので、子どもも外で遊びたいとは言わない。子ども達を移動保育に連れて行くと、普段遊んでいないから、体調を崩す子ども達もいました。抵抗力が弱くなっているような気がします。」という。
上國料さんは、郡山、福島 10づつの保育園と連携を組んで、できるだけ多く移動保育をやりたいという。
b0041661_23561943.jpg

イブラヒムが集めたお金を渡そうとするが、子どもたちがイブラヒムを取り囲み、ボールをぶつけようとおおはしゃぎ。人気者になったイブラヒム。
子どもたちは、日ごろの鬱憤をここぞとばかりにイブラヒムにぶつけていた。
b0041661_004971.jpg
b0041661_011970.jpg
b0041661_014311.jpg

イブラ・ダンスの時間。
おねえさんとイブラヒムの息がぴったしとは行かないまでも、かなり波長が合ってきた!この3枚の写真で証明された。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-19 00:04
パルシステムの宅配を今まで利用していましたが、311以降、我が家は一家離散してしまい、私も、福島に行ったりきたりで、家にいないことも多いために、現在ざんねんながらストップ。ほとんど、コンビニ弁当か、23時までに帰ってこれたら西友の50%引きのお弁当を買って帰る。こういう食生活。
しかし、ここのところ、イブラヒムがとまっているので、彼がクックする。肉はもちろんハラールミート。普通の肉とどっちが身体にいのか?差はあるのかな。

さてさて、いつも僕たちの活動を温かく見守って応援してくれている団体のひとつにパルシステムがある。ラナちゃん募金をJVCのころから応援してくれているのだ。
1,190,201円をこのたびバスラの医療支援にいただいた。
丁度、イブラヒムが来日していたので、授与式に連れて行った。JVCもアフガンから現地スタッフが来ていた。
b0041661_23234490.jpg

b0041661_23243639.jpg

みんなで記念撮影。
「イブラヒムの物語」もたくさん買っていただきました。
b0041661_2327506.jpg

この日もハードスケジュール。
イブラヒムはNHKラジオ出演のため、中央線で新宿経由で原宿へ。
こういうアホな要求にも喜んで応じてくれるイブラヒム!
b0041661_23305735.jpg

頭を切り替え、オンエア。この日は、アラビア語放送。石巻で出来た友人、昭三さんのことを語るイブラヒム。
日本のことを思ってくれているイラク人の話に、つい目頭が熱くなる。
b0041661_23323592.jpg

お疲れさん。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-18 23:26

長崎に行きます

b0041661_22482087.jpg

さてこれから飛行機に乗って長崎に向かいます。
なぜか、この日はイブラヒムを大歓迎のJAL。イブラヒムの為に(?)富士山の上空ぎりぎりを飛行したり、長崎空港に着陸すると消防車が待機して、イブラヒムに向けて放水(?)一体どういう意味があるのかよくわかりませんが、イブラヒムは歓迎されたようです。
b0041661_22583098.jpg

しかし、長崎に着くと僕は飛行機の気圧のせいで、耳が片方聞こえなくなっていたし、熱がどんどん上がってきて半分死んでいました。
これはいかんと、イブラヒムを連れて回転寿司を食うと、風邪薬を飲んでそのままホテルの部屋へ。
イブラヒムをほったらかしにして、ただひたすら眠りました。根性で風邪を治すとはこのこと。翌日には、回復して童話館へ。イブラヒムは、さぞ退屈だったのかも知れません。翌朝は、川端社長と面談。
b0041661_231861.jpg

引き続き、バスラの医療支援を継続してくれることを約束。
イブラヒムも一安心です。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-18 23:07
10月12日

前日は石巻から、福島に移動
朝早く、郡山に向かう。
郡山除染チームの活動があるので参加。昨日から、自然農法の農家からの依頼だ。
市が配ったひまわりの種。除染効果があると思われたが、ほとんど効果はないという。枯れたひまわり畑をどうするか。
除染というよりは、後始末のボランティアという感が強い。
イブラヒムは、張り切っている。
加藤君も、「やらせてください」という。
というわけで、3人とも除染作業に加わった。電動芝刈り機でひまわりを狩り、鍬で集めて縄でしばる。
イブラヒムは、農作業を手伝う地元の人から、「初めて除染を手伝った外国人ですね」といわれ、大喜び。
「あしたがある」を歌いだすと、地元の人も一緒にうたう。こんなに一生懸命働くイブラヒムを始めてみた。
郡山は、今日もいい天気だ。
みんな汗びっしょりになった。初めて除染活動に参加した加藤君も、「思ったよりきつい作業ですね」
b0041661_22193467.jpg


「イラク人イブラヒムが見たバスラとフクシマ 放射能汚染を考える」
イブラヒムのトークを20日、東京で行ないます。
イブラヒムが被災地で見たもの、これからの日本を考えます。
18:30開場19:00開演
カタログハウス本社ビル地下2階
東京都渋谷区代々木2-12-2
http://www.cataloghouse.co.jp/company/profile/map_honsya.html
参加費1000円(絵本「イブラヒムの物語」つき。既に絵本をお買い求めの方は500円)
予約不要
お問合せは03-6228-0746
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-18 22:41 | 原発
b0041661_0165617.jpg

10月12日、鳩山元首相とイブラヒムが対談した模様。
詳しくは、10.20イブラヒムを囲む100人集会で。

10月20日
「イラク人イブラヒムが見たバスラとフクシマ 放射能汚染を考える」
イブラヒムのトークを20日、東京で行ないます。
イブラヒムが被災地で見たもの、これからの日本を考えます。
18:30開場19:00開演
カタログハウス本社ビル地下2階
東京都渋谷区代々木2-12-2
http://www.cataloghouse.co.jp/company/profile/map_honsya.html
参加費1000円(絵本「イブラヒムの物語」つき。既に絵本をお買い求めの方は500円)
予約不要
お問合せは03-6228-0746

イブラヒム・ムハンマッド
1970年生まれ、イラク共和国、バスラ出身
高校の数学の教師としてイエメンで働く
イラク戦争後バスラに戻るが、妻が白血病になる。妊娠6ヶ月だったので、双子を帝王切開で出産。500gと700gしかなかった。ポール・ニューマンの支援でヨルダンで治療を開始。2005年1月に妻は死亡。その後、鬱状態になるが、JIM-NETの仕事を手伝うようになり、2006年からは、バスラ子ども病院で、院内学級を開設。貧しい子ども達の交通費を支援したり地域社会でガンの子どもを支える取り組みに尽力している。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-16 00:18
b0041661_7352421.jpg

ママ・ローズさんの掛け声で、世界の貧困をなくそう!とスタンド・アップ!
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-12 07:50 | 東北

イブラヒム@石巻

今日は世界貧困撲滅デーのイベントが石巻であるので、僕は4時起き。5時に福島事務所を出発。約3時間かけて涌谷でイブラヒムをピックアップ。どうしても連れて行きたいところがあった。
相川小学校だ。
イラクの子どもたちが、日本の為に行なってくれたコンサートで得た募金で、全校生徒の運動会の帽子になった。これで、運動会が出来きる。
喜びの声を佐々木真理先生が伝えてくれたのは、7月ごろだったかなあ。たしか、初めて会ったのが、5月ころだった。なかなか佐々木先生と連絡が取れず、橋浦小学校に行ったら、中では大川小学校で死んだ子ども達の説明会をやっていた。tとても緊張していた頃。
b0041661_1574217.jpg

相川小学校に行ったら、アコーディオンを探しに来ていた女の子が二人。僕はシャッターを切った。
鎌田先生は、壊れてしまって音がでないと講演会で話していたが、実は、音がでて、その時少女は、何かの曲を演奏してくれた。でもそのアコーディオンの音は、僕には、その時、坂本龍一氏のアウトオブノイズというアルバムを髣髴させた。瓦礫の中から響くアコーディオンの音が、瓦礫の音と奏でるハーモニーがある。ハーモニーとはいえないか?ナンだろう。それ。
佐々木真理さんが、地鳴りがずーとしていたというから、それこそ、大地が鳴らす交響曲なのかもしれない。そんな中に、アコーディオンのパートがある。小さいけど、刻みこまれる音と音楽のハザマ。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-10-12 02:13