中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『バビロンの陽光』
6月4日、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
(C)2010 Human Film, Iraq Al-Rafidain, UK Film Council, CRM-114

試写させていただきました。子役がうまいし、ばあさんもいい味を出しています。ハリウッドのイラク関係映画って、セットもいい加減で雑な印象を受けるものが多いですが、映画を大事にして作りこんでいるという感じがします。行方不明の息子を探す母親の執念は、遺体を捜す、東北の人たちとかぶりました。家族の絆が、戦争や、災害で崩され、踏みにじられていくなか、それでも絆を持ち続けようという人間の執念というか、情念というか、力強さというか、そういうものを感じました。是非、皆さん見てください。
b0041661_13184547.jpg

HP:http://www.babylon-movie.com/
『バビロンの陽光』概要

行方不明の父を探す、少年と祖母の900キロの過酷な旅路・・・ベルリン映画祭2部門同時受賞!平和への祈りを込めた感動作!2003年、イラク北部。フセイン政権の崩壊から3週間後、12歳の少年アーメッドは、祖母と共に旅に出る。祖母は、戦犯として収監されていた人々が南部で生存しているとの噂を聞きつけ、行方不明になったままの息子、すなわちアーメッドの父を探しに行くことを決めた。わずかな現金しか持たない2人は、バスを乗り継ぎヒッチハイクしながら、荒涼と広がる砂漠の中を進んでいく。心に深い傷を負いながら生きる人々との出会い、そして別れ。過酷な現実に押し潰されそうになりながらも、2人はやがて訪れる運命の瞬間へと一歩一歩、近づいていく・・・。監督は、これが長編2作目のバグダッド出身のモハメド・アルダラジー。今はイギリスで暮らす監督だが、故郷の現状を世界に発信したいという強い想いから、祖国に戻って長編デビュー作を制作。撮影時には、何者かに襲われ誘拐されるなどの危険に遭いながらも意思を曲げることはなく、本作でも数々の危機を乗り越えて全篇イラクでの撮影を実現させた。イラク人監督によって生み出された小さな美しい物語は、ベルリン映画祭に出品され、アカデミー賞外国語映画賞イラク代表にも選出。心揺さぶるラストシーンに、会場は感動の涙に包まれました。

監督:モハメド・アルダラジー 出演:ヤッセル・タリーブ、シャーザード・フセイン、バシール・アルマジド
2010年 イラク・イギリス・フランス・オランダ・パレスチナ・UAE・エジプト合作
アラビア語・クルド語 / 90分 / 35mm / カラー / シネスコ / ドルビー5.1chSRD
配給:トランスフォーマー 
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-05-29 13:25
イラクといえば世界遺産。
先日バグダッドに行ってまいりました。古い文化を背負いながら、心の中にどうやって平和を作っていけるのか、最近石巻とイラクを往復していろいろ考えたこと、お話したいと思います。
震災後、初めて、公の場に出ます。宜しく。

目黒ユネスコ協会が主催する「目黒ユネスコ青年対象講座」に佐藤事務局長が講師として登壇します。「世界遺産から見るイラクの歴史的背景と現代のイラクと日本の関係」と題した講演では、目黒ユネスコ協会の川口真美さんと熱いトークを繰り広げる予定。ぜひお越しください。 .
日時: 2011年5月21日(土) 13:00?15:00
場所: 五本木小学校 ランチルーム
※ 五本木小学校:東京都目黒区五本木2-24-3 東急東横線祐天寺駅・学芸大駅より徒歩5?10分
講師: JIM-NET 佐藤真紀、青年会員 川口真実
参加費: 青年会員 100円、一般 300円
定員: 先着 30 名
お申込先: 目黒ユネスコ協会 03-5725-6150 meguro@unesco.or.jp .
詳細は以下のPDFファイルをご覧ください。
http://www.jim-net.net/news/info/images/megurounesco_vol1_110418.pdf .
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-05-20 08:48

バグダッドとイシノマキ

久々にブログでも書こうかとおもって、開いてみるとバグダッドの記事もひとつしか書いていなかった。
b0041661_23101538.jpg

で、7年ぶりにバグダッドに行った。感動!バグダッド国際空港。
しかし、イラク航空なのに、翼にロゴがない。僕は、イラク航空のロゴが大好きなのだが、とても残念。
チャーター機なのだろうか?それにしても座席は自由席。どこに坐っても良い。そんな飛行機がいまだにある。バグダッドは時間が止まっていた。
b0041661_23133572.jpg

b0041661_2283191.jpg

これが、ユーフラテス川。
b0041661_2364621.jpg

ここは革命広場といわれている。
7年前と全然かわっていないのだ。
b0041661_23325165.jpg

でもセキュリティは確実によくなっている。
イラクトイシノマキを往復していると一体自分がどこにいるのかわからなくなる事がある。
自衛隊に囲まれた石巻と、イラク軍がたくさん検問を作っているイラク。イラクのインフラも全く整備されていない。
b0041661_23413662.jpg

この電線。。。。
東京に電話するとき、時差は何時間だったかなと考えてしまうことがある。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-05-12 23:42