中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

明日からNY

さて、日本での滞在もつかの間。明日からNYです。
いる間に何とか仕上げようとJIM-NETニュースの動画版を編集。
今回は、JVCの活動でしたが、原君が、いつもは、いろんな役になりきってくれるのですが、今回は、本人でしたのでまじめな番組になりました。
是非ご覧ください!
http://blog.livedoor.jp/jimnetnews/archives/2626220.html

にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-30 02:25
日本に帰国しました。
今回は4月16日に日本を出発。約10日間の旅でした。
まず、心配したのが船酔い。
僕は、船酔いって、魚釣りの小船ががんがん揺られて、レポーターがゲロゲロはいているようなそんな感じがしていたのですが、大きな船だからぜんぜん揺れない。へっちゃらだと思いながら、ふわーふわーとゆれるのが結構、平衡感覚が乱れて、じわじわときます。陸についてもなんとなくふわふわしている感じ。
今回の旅の目的は、地球大学の講師。10日間、毎日、午前中30名の生徒へ向けた講義。
そして、夜は、一般向講演を4回こなしたために、自由時間は、ほとんどありませんでした。
最初の講演は、イラク戦争何だったの!
イラク戦争の構造と過ちを解説。
b0041661_22145847.jpg

2回目は、「イラクの子ども達」サブリーンの話をしたのですがちょっと、感極まってしまいました。
b0041661_2215338.jpg

3回目は、NGOという生き方
今回、会社を辞めてNGOで働きたいという若者も結構いるというので、パーソナルな話をすることに。
あんまり、こういう話はしないのですが、折角なので、昔の写真を探してみたら結構、JVCのパレスチナで活動していたころのアホらしい写真がでてきたので、この際、公開しちゃいました。
さらに、シリアでTVドラマに出たときの映像もあったので、それも公開。まあ、なんと15年も前の協力隊時代の私でした。とても恥ずかしかったです。
b0041661_2222536.jpg

b0041661_22304354.jpg

そのあと、国連ボランティアでエルサレムにいたときに、アメリカのNGOで働いていたのですがインターンに来ていたアメリカ人のアシュレイが、なんと、プロレスラーで活躍!
NGO的な生き方とは違うけど、なんとも面白い人生です。
最終日は、モンテソーリ教育の専門家、深津高子さんとのぶっつけトーク。
子ども達と絵本ということで、ここでは、イラクの子どもが描いてくれた絵本「イブラヒムの物語」をピースボートスタッフのチョウ・ミスに朗読してもらいました。これが結構評判良かった!
それから、もうひとつのテーマが、核廃絶と劣化ウラン弾の禁止。
今回、被爆者の10名の方が、各地で被爆証言をさするというので、同行させて、頂、劣化ウランに関するアドボカシーのヒントにさせていただきました。
川崎啓さんには、これからも、この問題で、がんがん協力してもらうつもりです。
内容の濃い10日間でしたが、とっても有意義でした。
僕は、ピースボートのイメージとしては、いい意味でも悪い意味でも、若者ががんがん盛り上がっていると思っていましたが、高齢者の方々が半分以上!世代間のコミュニケーションというのも魅力でした。
是非、皆さんも、機会があれば乗ってください!

http://blog.livedoor.jp/jimnetnews/
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-27 22:40

シンガポール

船のたびもあっという間におわり、シンガポールに寄港。
これから、下船して買いものに行ってきます!
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-26 16:43

アオザイの闘志

グエン・ティ・ビン元副大統領がピースボートに乗船。
今回、核廃絶を訴え被爆体験を語る被爆者たちを訪問した。
グエンさんは、「私が今日ここにきたのは、皆様と分かち合いたいからです。それは、痛みと、皆さんが世界に伝えている、原子爆弾を地球からなくすことです。私は、ヒロシマ、ナガサキの悲劇、今でも数十万人の人たちが苦しんでいることを知っています。ここベトナムでは、枯葉剤で数百万人の人々が痛みを持ち続けています。皆さんとともに、アメリカが使用した兵器は、戦争犯罪としてとがめられなければなりません。
そしてこれからの社会に、そういった従来の兵器をなくすとともに、新しい非人道的な兵器もなくさなければいけません。この戦いは難しい、でも地球の平和のために頑張らなければなりません。」と延べ、被爆者を激励。同時に、劣化ウラン弾に関しても、「ベトナムは、戦争が如何に大変なものなのか、苦しいものか、よく理解しています。世界中の人々と分かち合いたい。特に女性と子ども達が一番の犠牲者です。世界から非人道的な兵器、そして戦争をなくすために戦います。手を取り合って頑張りましょう。」とのべ、ICBUWの会議の成功を祈った。
b0041661_16364140.jpg

b0041661_16374843.jpg

ベトコンの村へむかう。
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-26 16:38

中国の看板

b0041661_1633225.jpg
中国の看板にこんなのがありました。病院の看板です。
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-26 16:33

中国の核

アモイについた。
朝から霧がすごい。アモイ港が封鎖されているというので、一時はどうなるかと思ったが、予定より、7時間も遅れて、寄港する事ができ、無事に入国。
アモイ大学の日本語学科の生徒たちに被爆者の方が証言活動を行うのを取材させていただいた。
 若い世代は、1990年生まれだったりするから、歴史観も異なる。
日本のサブカルチャーに関心のある生徒も多かった。
原爆は、教科書では、戦争を終わらせるために仕方が無かったと言うように習っている。
学生たちは、自分で本を読んで勉強している。
核兵器をなくすことは、盛り上がっても、軍縮となると、むずかしい。自分たちの核兵器をなくすためにはどうするの?ときいてみると、生徒たちは先生の方をみた。「こういう活動に参加できることはうれしかったが、今回はアモイしかないとのこと。もっと多くのところに来てメッセージを伝えて欲しい」
別の学生は、
「今、被害者のみんなが集まってくれて感謝のきもち。こんな年になって平和のために、ヘイワのために世界の人たちに伝えてくださるのはありがたい。みんな詳しく知らない、顔をあわせた対話が必要。私は、人間は平和のために一緒にやら無くては。戦争は人間の罪ではなく、国と国との責任。人間は核戦争を起こさないように私たちは頑張ります。」
「核の無い世界を作るために全世界の人たちの協力が必要です。」
「自分たちの政府に言うのは難しい。アメリカ、フランスとかにやめましょうと老いたいです。ピースボートのような人になりたい。」
「核兵器は止めなければいけないけど、軍事力は必要です。」
朝鮮人で日本で被爆した郭さんは、若い人たちとの対話を終えて
「中国と韓国は原爆に関する考え方が随分ちがう。お前たちが仕向けたから、当然の報いだという意見が多い。それをあれこれいう必要は無いという気持ちが多い。しかし、ここの子ども達は、教育されている。お客さん接待の礼儀作法をわきまえているからスムーズにいきましたけどね。」
 その後、被爆者の方と食事をともにした。
「戦争を知らない世代に、私たちが65年前の戦争を伝えることは、意味があるのだろうか?その後も世界は戦争しているのに、彼らは、朝鮮戦争も、ベトナム戦争すらも知らない世代。運動をもっと実りのあるものにするのに、イラクの劣化ウランの話とかも買った低下無ければ」「ヒロシマでは既に何人の人がそういった活動をしている」今後の活動に関しても意見交換することができた。
b0041661_162728.jpg
b0041661_1629817.jpg

[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-26 16:29

中国に寄港

あっという間に船は進み、現在中国を通過。
昨日はアモイに寄港し、アモイ大学の生徒たちと核問題について話し合いました。
霧のために、7時間遅れましたが、何とか、大学生たちも待ってくれました。
みんな、明るくて、日本がうまかったです。
街中をうろつきたいなと思いましたが、時間が無くて残念。
アモイは住みやすそうな町だなあと思いました。
 
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-21 20:55
昨日横浜港を出発。
寒かったですが、一夜あけるとぽかぽか。
現在、鹿児島沖あたりを通過中。

今回850人くらいのってます。
一番小さいのが1歳半、年寄りが91歳。
1-30代=300人
40,50代=100人
60以上=450人!
なんと半分以上が60歳を越えている!
なんだか不思議な感じ!!
しかも200人くらいリピーターがいて、隣にいたおじいさんは、5回もピースボートに乗っているそうです!
天晴れ。
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-17 19:37
というわけで、僕は、明日から船に乗って旅に出ることになりました。
今回は長旅です。
まずは、ピースボートで中国、ベトナム、シンガポールとまわって一旦帰国して、今度は、NYに言って、NPTととからめてに劣化ウラン弾禁止を呼びかけます。
それが終わると、ヨルダンでまたピースボートに合流。そしてシリア、イラクをまわります。
帰国は5月の終わり。
旅の途中でブログを更新していきますのでお楽しみに。
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-15 05:08
いやいや、早いもので、JIM-NETニュースが立ち上がってからまもなく一年。
今回から、望田が新しくアンカーウーマンとして東京のスタジオを担当することになりました。
望田さんは、2005年にボランティアでヨルダンに来てくれた事があります。難民キャンプに薬を持っていったり、ガンの子ども達の面倒を見てくれたのでした。
先日久々に再会しました!なんと、大学院では国際保健医療を学んだそうです。
b0041661_4202981.jpg

いままでも、何回か出演していただいたJVCの原君をゲストに、収録。
この人は、本当に天然に面白い。
お笑い芸人になってたらかなり大成功していただろうにとおもいます。
b0041661_4341467.jpg

b0041661_4381367.jpg

実はこの2人は師弟コンビ。
さてこれから編集にはいりますが、原君の面白さをどういかすか。
考えどころです。乞う、ご期待!

http://blog.livedoor.jp/jimnetnews/にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kuroyonmaki | 2010-04-15 04:40