中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

日時: 2月13日(金)~2月18日(水) 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
■ 会場:ギャラリー日比谷 (03-3591-8948)
     ※ 晴海通りに面したレンガ造りのシックな画廊です。 
       地下鉄「日比谷」駅(A4出口)徒歩1分/地下鉄「銀座」駅(C1出口)徒歩2分/
       JR「有楽町」駅(日比谷口)徒歩3分
■ 共催:ギャラリー日比谷、JIM-NET
■ 無料


http://www.g-hibiya.com/map.html
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-31 16:06

妹尾和夫の全力投球!

ABCラジオ、妹尾さんの全力投球に出演のために大阪にやってきました。
僕は子どものころ奈良で育ち、親父も、姉も大阪生まれというので、子どものころはよく大阪に来たのですが、なんだか最近こぎれいになったような感じ。

b0041661_115713100.jpg

夜、大阪駅につきました。
新しいビルが出来ていますが、なんか東京よりは上品な気もするんですね。空間の使い方が、
迫力があるというか。
1月29日、妹尾さんのラジオに出さしていただくことに。昨年に続き2回目の出演です。
b0041661_11594237.jpg

今回は、打ち合わせなくぶっつけ本番。
さすが、妹尾さん。
ちょっと押し気味でしたが、チョコレートのことをたっぷりお話させていただきました。
その後、コールセンターはひっきりなしに電話がかかってきたとのこと。
つながらなかった方、本当にごめんなさい。
b0041661_123235.jpg

その後、放送作家の高柳さんに大阪を案内してもらうことに。
天満の近くには、古い日本家屋が立ち並びます。
b0041661_125340.jpg

このあたり、若い人たちが、いろんな店をやっています。
これは、画廊です。中は改装して小さな画廊。
b0041661_1274140.jpg

これは美容院
b0041661_1282496.jpg

お菓子やをやっている若い女性もいました。
シュークリームを買っていきましたがこれが香ばしくておいしかったです。
ケーキもおいしそう。
b0041661_12124920.jpg

こんな町でイラクカフェをやりたいなあ
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-31 12:10
b0041661_445226.jpg
JVCの藤屋リカさんをゲストに、「ガザを考える」
無事に終了。本日40名くらいの参加がありました。
まず、主催者挨拶。町田市民の「クマ」さんが一言
b0041661_3352572.jpg

続いて、藤屋さんが、TBSで報道されたガザの様子、現地のNGOのかたがたのメッセージを紹介。「彼ら自身が犠牲者」なのにがんばるNGOワーカーの姿に心を打たれます。
そもそも、停戦合意を破り、攻撃を仕掛けたのはイスラエル側。作戦は、イスラエル軍によって周到に準備されていたようです。しかし、メディアは、「イスラエルの自衛権を認めるが、今回の攻撃はやりすぎ」という論調で、あくまでもハマスはテロ集団としての扱い。
そういう風に決め付けるのはわかりやすい。そこには、パレスチナ自治政府としても、イスラエルがハマスをたたくことは結果的に支持したいから、ゆがめられて世界に伝わっていくのだろう。
でも、問題は1948年のイスラエル建国以来、パレスチナの人権が蹂躙され無視されてきたという本質的な問題。自爆テロなのか自爆攻撃なのかという言葉の使い方をめぐってもいろいろ議論される。一度、使われた言葉はそれを使うしかない。別に政治的な意図はなくても市民権を持った言葉を使うしかないのかも。
確かに本質的な議論をしていくことは大事なのだけど、今の声を聞くことからはじめよう。
Stop killing!!

そして、後半はヤスミン植月千春さんが登場。
イラク人の女性リバーベンドのブログから朗読。ピアノの音とともに
心にしみこんでいきます。

ヤスミンさんはイラクにも行っていて、表現がリアルでした。

b0041661_3595391.jpg
b0041661_4285.jpg


攻撃を90%のイスラエル人が支持している
イスラエルにとっては、ガザの人たちはテロリスト=蚊のようなもの
ぼうふらであろうが、殺虫剤をまいて殲滅したいと思っています。
しかし、なぜ彼らがそこにいるのか、イスラエルの人たちも人間として考えることを忘れてしまっている。まさに対話が必要で、根気よく落としどころを探っていくしかない。

来週は、イラクのパレスチナ人が、湾岸戦争、イラク戦争でいかに迫害されてきたか?彼らのかえるところはどこなのか、難民、国境、帰還をテーマに考えたいと思います。
ゲストは、引き続きヤスミンさん、そして大嶋愛も歌いに来ます。
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-26 04:07

ガザを考えよう

多摩境のギャラリー・アルル。の搬入。
うちのプリンターが調子が悪く、実家にもどり父にも手伝ってもらい、写真をプリントアウト
僕がデザインしたハウラの新作ポスターに加え、花の絵がたくさん。
多摩境には、八王子まわりで行ったのですが、乗り換えを間違えたりして結構てこずりました。
場所はとてもおしゃれな空間。
土日の午後にコーヒーでも飲みながらゆっくりすごすのにはもってこいです。
b0041661_16324281.jpg

この作品は、僕が昨年12月にイラク国内のパレスチナ難民キャンプを訪問したとき、もらってきました。ハウラの「サマワに咲く花」を複写して大きくしました。
迫力があります。
周りの抽象画は、日本の子どもたちが描いたそうです。
こうやって、画材がたくさんある日本との格差を並べてみたら改めて感じてしまう。
日本の子どもたちはどんな子どもなんだろうね。
ダンディ・ライオンという絵画教室の子どもたちだって。どんな風に絵をかいているのか見てみたい。

むかし、アクションペインティングていうのあったけど、イラクとかパレスチナとか日本の幼児に絵の具つけて、キャンパス中を、遊ばせたら面白い作品できそう。
b0041661_16372080.jpg

それでこちらは、ハウラの作品をポスターにデザインしたもの。B2サイズの作品は、すべてヨルダンで作っているんだけど、印刷屋との出会いも大きかったとおもう。独特の発色なんです。
今度は、3月に新作を作ります。

そして明日は、JVCの藤屋さんを迎えてのトークです。
そして、音楽家のヤスミンさんも来てくれて演奏あり朗読ありの素敵な時間とともに、ガザやイラクで殺されているパレスチナの子どもたちに思いをはせたいです。
http://www.g-alulu.jp/

トークは
1月25日 14:00~ゲスト:藤屋リカ ヤスミン植月千春
2月1日  14:00~ゲスト:ヤスミン植月千春 大嶋愛
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-24 16:48

記者会見です

b0041661_232541.jpg

1月17日、実はこの日は湾岸戦争が始まって18年目になります。
イラクのがんの子どもたちの悲劇はこの日から始まったのかもしれません。
そして、いまだに苦しんでいるがんの子どもがいます。
というのも、戦争で使用された劣化ウラン弾がきちんと処理されることなく、放置されてきたのです。そして2003年のイラク戦争でも。

東京の事務所で、記者会見を行いました。
限りなき義理の愛大作戦の説明と、私たちの医療支援の今後、そしてJVCからも代表理事の谷山さんが応援に駆けつけてくらました。
そして、僕たちがやっているパレスチナの医療支援ですが、バグダッドから逃れてきたパレスチナ人のことがあまり語られることがないのですが、難民の帰還権が問題です。
イスラエルの公式見解は、1948年の戦争で、アラブ諸国、特にイラクなどにいたユダヤ人が難民化したのをイスラエルが受け入れた。パレスチナ人は当然アラブ諸国が受け入れるべきであるとしてきました。1993年から始まった和平プロセスでもこの問題は先送り。イラク戦争でサダム政権が崩壊した後、パレスチナ人への迫害が始まっています。そして、イラクを逃げようにも、彼らに関してはアラブ諸国が扉を閉ざし、国境を越えられず、砂漠に放り出されたというわけです。そこでは、UNがテントなどを供与していますが、イラク戦争後6年目になる今年は、予算も半減。厳しい環境におかれています。やはり、パレスチナ問題は、帰還権もしっかりと話し合いで解決していくべきだと思います。
湾岸戦争のときも、クウェートにいたパレスチナ人が大量に迫害され追い出されるという事件が起きています。それがきっかけで、パレスチナ問題をきちんと国際社会が取り組もうということで1993年オスロ合意が結ばれましたが、それも過去の話。オバマ政権に仕切り直しが期待されます。
JIM-NETではガザの様子を見守りながらも、もうひとつのパレスチナ問題、難民の問題をしっかりと伝えていければなあと思います。
そして今回、ガザで劣化ウラン弾が使用されているといううわさ。
劣化ウラン弾禁止に向けて動いているNGOは、力を合わせて、本当かどうかを究明し、使用させない世論を作っていくことが大切です。

イスラエル:ガザで劣化ウラン弾使用か アラブ諸国が書簡
 AP通信によると、アラブ諸国は19日、パレスチナ自治区ガザで、イスラエル軍が劣化ウラン弾を使用した痕跡が見つかったとの情報があるとして、国際原子力機関(IAEA)に調査を求める書簡を提出した。

 書簡はメディアなどによる情報に「重大な懸念」を示すとともに、IAEAのエルバラダイ事務局長に至急調査するよう求めているという。

 事実上の核兵器保有国であるイスラエルは核拡散防止条約(NPT)に未加入で、IAEAの包括的保障措置(査察)協定は結んでいない。(ウィーン共同)
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-22 02:39 | 日本でのイベント
http://www.hif.or.jp/volut/editor/2009/01/2009fmjimnet.html

函館の皆様、ラジオいるかに出演しました。来週もありますので、よろしく聞いてください!
b0041661_12204618.jpg


FMいるかは80.7MHz 1月10、17、24日の土曜日 13:10-13:30 です。
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-12 12:19

あの人この曲ああ人生

1月8日、長崎市役所の記者クラブで記者会見。「限りなき義理の愛」大作戦の宣伝を行いました。
多くの新聞で記事にしてくれるとうれしいです。
さて、その足で長崎放送のラジオ収録。
1月26日(月曜日)放送予定の
「あの人この曲ああ人生」
塚田恵子アナの番組です。急遽、人生にのこる一曲をといわれたのですが、結局、ジョン・レノンのイマジンをチョイス。
平和の曲としてはとても月並みなのですが、パレスチナのことを思うとこの曲ははずせません。
1997年から2002年まで僕はパレスチナで平和活動を行っていました。
ところが2002年、人道支援をするというのが、イスラエル政府の逆鱗に触れ入国を拒否。それ以降パレスチナにはいけずじまい。
活動は後輩に任せ、自身はイラク支援へと活動を移していったのでした。
その当時、パレスチナの子どもたちと一緒に歌ったのがイマジン。
「想像してごらん。天国も地獄もないこと」
「想像してごらん。国もなく、宗教もない。何かのために殺したり死んだりすることもない」
だめだ!こんな歌、ハマス支持者が聞いたらどうするんだ!当時大人たちの反対もありましたが、詩だけでなく不思議な美しいメロディに引かれた難民キャンプのリーダーが「歌おう」と決めたのです。
今も変わらず、理想と現実の厳しさ、これこそが、パレスチナ問題。だからこそ、あきらめてはいけないんでしょう。
イスラエルの激しいガザへの攻撃で多くの日本人が声を上げだしました。
7年も前のことでしたが、この歌とともに当時を思い出しました。
やっぱり、あきらめてはいけません。

2002年NHKのインタビューでパレスチナへの熱い思いを語っています。
一部イマジンの演奏もあり。
http://jp.youtube.com/watch?v=90E_hr0Ma8A
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-12 01:25

ガザへの攻撃の抗議集会

■■転送歓迎■■---------------------------------
以下のイベントをお知らせします。

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
              ガ ザ に 光 を !             
       即時停戦を求めるピースパレード&シンポジウム      
      
          ★1月10日(土)に緊急開催★          
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 2008年から開始されたイスラエル軍によるガザ地区への大規模な攻撃は、
新年になってもますます強まり、これまでに伝えられた犠牲者は多数の子どもを
含んで550人を越えています。今後もイスラエルは停戦する気配はありません。
150万人のガザ地区の人々は、これまでもイスラエルの封鎖によって、医療や
食料、燃料の不足に苦しめられていました。今度はその人々の上に爆弾が落とさ
れています。

この人道的危機を前に、これまでパレスチナ問題に様々な形で関わってきたN
GOが共同で、この軍事行動への抗議の意志を示し即時停戦を求めるピースパ
レードとシンポジウムを行います。
 皆さんもぜひこのアピールに加わってください。たくさんの声が、この惨状を
変える力になります。

────────────────────────────────────
 開催日:2009年1月10日(土)
────────────────────────────────────
■プレイベント
  13:00上映会『パレスチナ1948NAKBA』(監督 広河隆一)
       場所:増上寺 慈雲閣(都営三田線「御成門」駅から徒歩3分)
       共催:浄土宗平和協会
      (詳細計画中)

■ピースパレード
  15:30「芝公園23号地」集合
      (都営三田線「御成門」駅A1出口から徒歩5分。東京タワー近く。
       案内スタッフがおります)
  16:00出発、パレード開始
      (芝公園から六本木方面に向けて歩きます)
  17:10「六本木三河台公園」にて終了。キャンドルで祈りを捧げます。
      (日比谷線・大江戸線「六本木」駅6番出口から徒歩2分)

  ★パレードのテーマは「ガザに光を!」。
   ペンライトや懐中電灯などの光るものをぜひ持参ください。

■シンポジウム
  【時間】18:30~20:30 
  【会場】聖アンデレ教会
  【アクセス】東京メトロ日比谷線「神谷町」駅1番出口から徒歩10分
        (神谷町駅はパレード終了地最寄の六本木駅から1駅)
  【住所】東京都港区芝公園3-6-18 TEL 03-3431-2822
  【地図】http://www.nskk.org/tokyo/church/map_html/andrew_m.htm
  【参加費】無料
  【内容】・リレートーク:池田 香代子さん
                (『世界がもし100人の村だったら』再話者)
              広河 隆一さん(ジャーナリスト) 
              パレスチナに関わるNGOのアピール 他
      ・現地ガザからの声(電話録音)(予定)

────────────────────────────────────
■主催:1・10 ガザに光を! ピースパレード実行委員会

■呼びかけ団体:
特定非営利活動法人 アーユス仏教国際協力ネットワーク
社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
日本山妙法寺
日本聖公会東京教区「エルサレム教区協働委員会」
日本パレスチナ医療協会
日本YWCA
特定非営利活動法人 パレスチナ子どものキャンペーン
パレスチナの子供の里親運動
ピースボート
平和をつくり出す宗教者ネット
『1コマ』サポーターズ
────────────────────────────────────
<お問い合わせ>
特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)
東京都台東区東上野1-20-6 丸幸ビル6F 
TEL 03-3834-2388/FAX 03-3835-0519
http://www.ngo-jvc.net
info@ngo-jvc.net
(パレスチナ事業担当 藤屋、広報担当 広瀬)

●JVCはガザ緊急医療支援を開始しました。最新情報はこちら●
http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/palestine/200812gaza.html



=============================
スピークアウト&デモ:イスラエルは占領とガザ侵攻をやめろ!
=============================

日時:1月11日(日)
14時開場/14時30分開始(14時から映像上映あり)
16時45分終了(デモ出発は17時00分)

場所:四谷地域センター・多目的ホール(12階)
地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」駅より徒歩5分(四谷方向に向かってまっ
すぐ歩き、右手/新宿区内藤町87番地)
http://www2.odn.ne.jp/~hao65350/page002.html

■アピール:
阿部浩己さん(国際人権法/神奈川大学法科大学院教授) 
鵜飼哲さん(ティーチイン沖縄/一橋大学教員) 
小倉利丸さん(ピープルズプラン研究所/富山大学経済学部教員) 

■リレーアピール: 
国富建治さん(新しい反安保行動をつくる実行委員会) 
杉原浩司さん(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン) 
園良太さん(憲法カフェ)
北林岳彦さん ほか 
※当日の飛び入りアピールも受け付けます。

■デモ:
四谷地域センターを出発し、新宿方向に向けてデモを行います。
※出来るだけ、各自で手作りのプラカードなどを持参して下さい(主催者
側も用意します)。

=============================

イスラエルはついに地上戦を開始しました。40年以上も占領を続け、人権
を侵害して苦しめてきた人々を逃げ場のない空間の中で追いつめて殺すと
いう、こんな酷い行為は一刻も早く止めさせなくてなりません。

イスラエルを非難する国際的な声は鈍く、多くのマスコミはイスラエルと
ハマースの「暴力の応酬」という構図を作り上げて事態を矮小化し、イス
ラエルの占領行為を免罪しています。しかし2006年のレバノン戦争と同様
、イスラエルが「自衛」戦争を演出し続けなくてはならないような事態を
作り出したのは、他でもないイスラエルによる占領です。

ガザのむごい光景は、私たちの無惨な日常生活の延長上にあります。アメ
リカのイラク占領を支援するためイラクに自衛隊を送り、インド洋で給油
活動を続けることでアフガニスタン攻撃を支えて来た日本。目先の「安全
」や政権の安定を得るために「対テロ」の名目で人を殺すことが当たり前
のようになっている世界。もうこりごりです。
この日本社会の中から、今こそ戦争と占領をやめろ!という声を大きく響
かせましょう。

=============================

主催:「スピークアウト&デモ:イスラエルは占領とガザ侵攻をやめろ!」
実行委員会

<連絡先>
メールアドレス:speakout.demo@gmail.com 
電話:090-6498-6448
郵便物送付:〒162-0823東京都新宿区神楽河岸1 - 1 東京ボランティア
・市民活動センター メールボックスNo.114 ミーダーン〈パレスチナ・
対話のための広場〉気付 
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-10 12:48

生出演します!

佐藤真紀が本日(1月9日)、朝10時塚田恵子のシャキとモーニングに生出演

長崎の方、ぜひ聞いてください!


【NBCラジオ周波数】
長崎:1233KHz 佐世保:1098KHz 佐賀:1458KHz諫早:1233KHz 福江:1431KHz 平戸:1062KHz
島原1233KHz 唐津:1458KHz 伊万里:1116KHz 有田:1458KHz
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-09 08:14

ラジオに出ます

RFCラジオ福島「お母さん教室」
パーソナリティー:深野健司アナ 飯高千恵子さん
に佐藤真紀事務局長がゲスト出演

福島地方の方、
1月8日(木)の朝9時40からの15分間
1月15日(木)の朝9時40からの15分間

二週に分けて限りなき義理の愛大作戦の秘密をたっぷり話します。
周波数は1458kH(福島局)
[PR]
by kuroyonmaki | 2009-01-07 04:17