中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ガザへの攻撃

同じ日ですが、NGOが呼びかけたものです。
一日何回もイスラエル大使館前に集結するのは、イスラエルにとって圧力になるかもしれません。やはり、マスコミやメディアはこういうアピールも報道してもらえれば、一般の人たちにもわかりやすく伝わるのでは!?
b0041661_211323.jpg

そして、これも現実
私たちが支援している、イラクにいるパレスチナ難民。
いずれにせよ、世界中のパレスチナ難民にとって厳しい状況であることにもっと目を向けてほしいです。
chocolate for peace! 「難民キャンプでJIM-NETのチョコレートを食べて、寒さをしのぐパレスチナ人(イラク国内のアルワリードキャンプ」

※※※※※※※※※※※※ 転送歓迎 ※※※※※※※※※※※※

            民間人への攻撃は許さない!
     12/30緊急NGO共同・イスラエル大使館前行動
    -パレスチナ・ガザ地区への空爆に抗議する申し入れ-

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

12月27日からイスラエルがガザ地区への大規模な空爆を行い、
2日間で死者は287人、負傷者は700人に達しています。
今後もイスラエルは、大規模な軍事攻撃を予定していると報道されています。

150万人のガザ地区の人々は、これまでもイスラエルの封鎖によって、
医療や食料、燃料の不足に苦しめられていました。今度はその人々の上に
爆弾が落とされています。この人道的危機を前に、これまでパレスチナ問題
に様々な形で関わってきたNGOが共同で、この軍事行動への抗議の意志を
示す申し入れの行動を行います。皆さんもぜひこのアピールに加わってください。

■イスラエル大使館前で、死者のための追悼と軍事行動の即時中止を求めます。
■ガザ地区封鎖による人道危機に抗議し、
 物資の搬入と人道支援団体・ジャーナリストの自由な出入りを求めます。

日時:2008年12月30日(火) 午後4時~5時
場所:イスラエル大使館前(イスラエル大使館:千代田区二番町3)
     (最寄り駅:地下鉄・麹町駅  出口)
内容:軍事攻撃による市民の犠牲者のためのキャンドル・ライトなどによるサ
イレント抗議/呼びかけ団体からのアピール/要請文の読み上げと提出

*ロウソクやペンライトをお持ちください(ロウソクのロウが下に落ちないよう、紙コップやア
ルミホイルなどで各自工夫してください)

【呼びかけ団体】
(社)アムネスティ・インターナショナル日本/(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク
/(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)/パレスチナ子どものキャンペーン/
ピースボート  
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-30 02:06

イスラエルが

b0041661_1535831.jpg

函館の雪景色です。
b0041661_0342496.jpg

函館相生教会では、イラクの子どもたちのために献金をしてくださいました。
朝のミサに参加し、久野牧師にご挨拶。
この教会はなんと1883年創立だそうです。
聖書を読むと1997年から2002年まで、パレスチナに住んでいたときのことを思い出します。
エルサレムやベツレヘムがとても懐かしいなあと、ミサを聞きながら思っていましたが、イスラエルがガザへの空爆を開始。多くの犠牲者が出ています。NGOもメディアも中に入れないというので、更なる惨状が予測されます。
わたしは、北海道にいるため参加できませんが以下のような行動があります。

■ガザ空爆に抗議する12・30緊急行動の呼びかけ■

イスラエルがガザに空爆を行い、27日と28日の2日間
で死者は287人、負
傷者は700人に達しました。イスラエルはさらに予備役兵
6500人の招集を
閣議決定し、地上戦を行う準備をしていると報道されています。

イスラエルは40年あまりに渡ってガザ占領を続けた挙げ句、
ハマース政権
の成立以後は封鎖を強化して人の出入りを禁じ、ガザ住民が衛生な水も電
気もない劣悪な環境下で生きることを強い、その生殺与奪を握ってきまし
た。
150万人がひしめき、どこにも出口がないたった360平方キロ
の土地で、寒
さと飢えに苦しみ、窮乏してゆく生活に疲れ切った人々の上に、いま爆弾
が落とされ続けています。

イスラエルは、ハマースによる100発あまりのロケット弾に対
する報復を
口実としています。しかし、その多くは空き地などに落下し負傷者もほと
んど出ないものであり、2月の総選挙を前にした政治的パ
フォーマンスで
あるのは明らかです。米国の政権移行期のタイミングを狙い、周到に準備
を尽くした確信犯的攻撃は、いかなる意味においても認められるものでは
ありません。

しかし米国もイギリスも、ハマース政権の存在を理由に、イスラエルの行
動に対し一定の「理解」を示しています。国連安保理も、米国の抵抗のた
めに公式の非難声明を出せていません。パレスチナのアッバース大統領で
さえ、イスラエルに抗議をしつつ、今回の事態をハマース政権非難のため
に利用しています。もはや「対テロ戦争」の言辞を都合良く利用し、民衆
の生命よりも自らの権力維持に心を砕く政治指導者たちには何の期待も出
来ません。

私たちがすぐに事態を変えられるわけではありません。しかし抗議行動を
呼びかけ、広め、より多くの人々の関心を喚起し、イスラエルの暴挙を黙
って見逃すことはしないのだ、ということを示しましょう。中東各地で抗
議行動が起きています。ロンドンなど欧州の都市や、イスラエル国内でも
抗議のデモが始まっています。29日現在、大阪ではイスラエ
ル領事館に対
する申し入れ行動が行われています。規模は小さくとも、各地で抗議のう
ねりを作り出すことが必要です。

参加される方は、出来るだけ自分でプラカードなどを用意してきてくださ
い。大使館への申し入れ書は呼びかけ人が用意しますが、他に用意された
ものがあれば、一緒に提出する予定です。

日時 12月30日(火) 14時~
場所 地下鉄麹町 日本テレビ方面改札待ち合わせ(ある程度人数が集ま
ったら、イスラエル大使館の方へ移動します)

呼びかけ ガザ空爆に抗議する12・30緊急行動有志

※ 個人の有志が呼びかけるデモであり、連絡先を不特定多数に公開する
ことはしません。この呼びかけを見た人は、各自の判断で参加を決め、一
人一人の責任において行動してください。
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-29 15:35

函館

サッポロにいくはずが雪のため飛行機が飛ばず。
空席待ちに入れ込んでもらい何とか函館までたどり着いたのでした。
朝から羽田空港に立てこもり?空席待ちが50人もいるというので、どうなるものかと思いましたが、ともかく無事に函館まで到着。
b0041661_8585136.jpg

早速、むげんスペース小春日和での展示を見に行きました。
ここには、ハウラのポスターとチョコレートを食べるイラクの子どもたちの写真が展示してあります。オーナーの大野さんは、最近世界の子どもたちと絵で交流するNGOを立ち上げ、今回は、イラクとベトナムです。
ベトナムのストリートチルドレンは平均18歳というから絵も上手です。
イラクは今回は原画はなしで、ポスターのみにしました。
9月に函館に来たときは、まだ、このスペースは工事中。こんな素敵な空間にうまれかわるとは!ぜひ、近くの方は見に来てください。
イラクの子どもの写真も好評!です。
b0041661_943439.jpg

さて、みんなに集まってもらいチョコ茶話会が始まりました。
b0041661_953335.jpg

外はふぶいています。
さすが、北海道の寒さ!
滑らないように気をつけないといけません。昨年のサッポロでは見事に転んでしまいました。
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-28 09:06

メリー・クリスマス

b0041661_2374815.gif

The child's name is Yasmin Ahmed Talal. She is 12 years old , lives in Baghdad. She had a bone marrow failure syndrome called ( Pure Red Crell Aplasia), that she requires blood transfusion each 14 days. The only poosible treatment for her is bone marrow transplantation.
b0041661_2342359.jpg

[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-24 02:39
あわただしい連絡ですが、12月21日、TBSのサンデーモーニングに出演することになりました。
関口宏さんの番組で朝の8時から9時45分です。
風をよむというコーナーでイラクを5分間取り上げるそうで、その中で30秒ほどしゃべることになりました。
朝早いですが是非見てください。
テーマは、「ブッシュ政権と靴」
ただ、他のニュースが入ると飛んでしまうかもしれませんのでご了承願います。

先週、ブッシュ大統領が、イラクを訪問した際の記者会見で、イラクのジャーナリストが、ブッシュ大統領めがけて靴を投げつけました。
これが結構見事にブッシュの顔をめがけて飛んでいったのですが、ブッシュも見事に見切り、最小限の動きで靴を交わしました。「イラク人からの別れのキスだ。イヌめ」と叫んで最初の靴を投げ、続いて「これは夫を失った女性や孤児、イラクで命を失ったすべての人たちのためだ」
と。
イラクのみならず、アラブ世界でもこの記者は英雄視されています。

JIM-NETニュースでもお伝えしましたが、2007年まで、570万人もの子どもが親をなくしています。そしてこの5年間に命を落とした人は、10万人を超えています。
あの靴にこめられた怒りを私たちは理解しようとしなければいけない。
いくら、イラクの人々が声を上げ、私たちNGOが騒いでも、メディアも書かない。
米大統領への靴投げということで初めて、気がつくというこのひずんだ社会。

早速、現地のJIM-NETスタッフにも様子を聞いてみました。
「私が勤務している病院でもブッシュへの靴投げは話題になって、みんなよくやったといっている。アメリカ人は泥棒だ。本当にイラク人はブッシュが大嫌い。若い人たちが特に喜んでいる。イラクを代表したメッセージだと受け取られている。」
バスラの状況は?
「病院に水が来なくなった。電気も3時間来て3時間止まるくらいだったが、電気ストーブをみんなが使い出して、2時間来て五時間とまるという風に悪くなっている。
水の状態がわるくこれらに関してもいまだに噂は聞くが怖がってだれもキチンと報告しない。
治安も良くない。イランからサドル派などが越境攻撃してくる」

ブッシュ大統領は相変わらず、「イラクのフセイン独裁体制を打倒し、アフガン旧政権のイスラム原理主義勢力タリバンを放逐したのは「画期的な業績」と正当化。これにより「米国はより安全になった」「世界はより良い場所になった」と強調しています。
そういえば、皆さん、覚えていますか?ブッシュ大統領が就任したとき、パレードで彼の車に生卵がぶつけられていたのを。
この5年振り返ってみると、ブッシュに付き合って戦争に加担した日本政府のアホさかげんというのはどうでしょうね。いまだに外務省は
「大量破壊兵器がみつからなかったが、戦争を支持したのは正しかった」といい続けています。


b0041661_04791.jpg

というわけで、収録のためにTBSに行ってきました。
日本はすっかりクリスマスです。

b0041661_0221914.jpg


朝は、JIM-NETの鎌田代表が永 六輔さんのラジオで「義理チョコ」の宣伝をしてくれたので事務所は朝から電話が鳴りっぱなし。
このチョコレート、クリスマスプレゼントとしても使えますし、お年玉として、お金をはさんで子どもたちに上げても喜ばれますね。
b0041661_0191458.jpg

ただ今、注文はメールで受け付けています。
詳しくはhttp://www.jim-net.net/09campaign/09campaign001.html
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-21 00:57
さて、先日イラク国内のアルワリード難民キャンプに行ってきた。
そこでゲットしてきたのが、テント。
ちょうど去年の今頃、ヨルダン国内のルウェイシェッド難民キャンプにいったとき難民キャンプは閉鎖されていた。大量の使い古したテント。
b0041661_3571036.jpg

なんと、日本が支援したものも。
2003年、これをヨルダンまで160張運ぶのに日本は、政府特別機2機と自衛隊員の護衛を要請し、かかったコストは一億円というから、1張りあたり62万円の輸送費!
実に高価なテントを発見。こんな風に捨てられるのは、もったいない。
何とかリサイクルできないかなと思ってしまう。
そこで、わが、サトウプロジェクトでは、こんなものを作ってみたり。
b0041661_443640.jpg

今回も、アルワリードキャンプが移転したので、大量のいらないテントがでたので、分けてもらうことに。
このおじさんに、「難民ってカッコイイ」ウインドブレーカーと交換にテントをもらう。
b0041661_47751.jpg

何が大変かというと洗濯。泥だらけ。如何に過酷な難民生活か。お風呂に入れてから洗濯機にかける。
b0041661_492829.jpg

b0041661_4111280.jpg

今回は、このテントをキャンバスとしてリサイクル。
絵を描いて、画廊に展示します。お楽しみに。
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-19 04:16

間に合った!

12月20日より函館で「限りなき義理の愛大作戦」ポスター展が始まります。
これは、ハウラ・ジャマルの絵を私がコラージュしてポスターにしたものです。
それと、イラクの子どもたちがチョコレートを食べている写真を12点ほど展示
しかし、肝心のポスターがまだ届かない。
実は、ヨルダンのアンマンで印刷をしているので、本来JCFの加藤君が帰国し、もって変えるはずだったのが、彼の帰国が遅れてしまったために、少し早く帰国するJVCの原文次郎さんに持って帰ってもらうことに。
原さんはまさに今日帰国。その足でJVCの事務所に行ったとのことなので、電話をもらい急遽私がJVCの事務所にポスターを受け取りに。帰国ほやほやのブンジローさんの勇姿を写真に収めたはずが保存するのを忘れて消えてしまいました。残念。
b0041661_19238.jpg

  さて事務所に帰って早速ポスターをチェック。
b0041661_194774.jpg

熊さんも手伝ってくれて額装が完了。
何とか間に合いました。
b0041661_1173177.jpg


Chocolate for peace! チョコがイラクを救う!
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-17 01:19 | 007限りなき義理の愛大作戦

奈良の和紙

JIM-NET奈良チームのめぐみちゃんにお願いしていた奈良の和紙をつかっての創作。
ハウラの絵にコントラストをつけて印刷してみました。
めぐみちゃんは、色がにじむかもしれないと心配していましたが、プリントアウトすると、さすがは、奈良の和紙。線もくっきりしており、インクもしみこんでとてもいい感じです。
b0041661_1575855.jpg

後ろから明かりで照らしてもいい感じ。
b0041661_1582030.jpg

試作品は大成功。
函館での展示には間に合いませんが、来年2月に向けてこんな感じの作品にしたいなあと思います。
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-13 01:59
b0041661_4583219.jpg

ついにできました!ハウラポストカード!
この5枚のカード、必ずどこかに「サマワに咲く花」がついています。
探してみてください!

展覧会
「chocolate for peace ?!]
限りなき義理の愛大作戦
開催が決定!
コンセプトは何かというと、サマーワから、ハウラの花が届けられ、世界にどんどん花がちって届けられるというそれを受け取ったアーチストがどんどんと手を加えて変化させていくというそんな作品があつまればいいと思っています。

○まず12月20日から
函館のむげんスペース小春日和
http://www.8space.info/
○来年になりますが
ギャラリー日比谷
2月13日-18日
詳細は今週うちあわせることになりました。
乞う期待!
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-12 05:07 | 007限りなき義理の愛大作戦
中東カフェ番外編に行ってきました!
ところが、準備していたパワポイントが開けないというハプニングが!!
今回の中東カフェ、JVCがイラクをテーマにブックレットを作ろうというわけで、酒井啓子さんがNGO職員に突撃インタビューをするというもの。
というわけで気合を入れていったわけ。ぐっと来るような写真も結構撮りためているから、いろいろしゃべるよりは、写真で訴えるというのもありだと思う。
b0041661_3322659.jpg

しかし、肝心の映像が出なかったので、すっかり気落ちしながら、あとは酒井啓子さんに突っ込んでもらおうと。
ところが、どんどん、話がずれていく。
僕も酒井さんも、面白かったと思うけど、ブックレットを作るのが目的なので、どうしてもNGOの方へと話を戻さなければいけない。
JVCの谷山さんのほうをちらちら見ながら、戻そうと思いつつも、結局外れっぱなしというトーク。

「NGOでやってきて、読んでおいてよかった本とかありますか?」
ていう質問があった。酒井さん的には、「国際法」とかそういう答えを期待していたそうだが、
僕は、やっぱり「イラクを食べる」ですよ。とついつい、酒井さんの本を薦めてしまった。
「いやいや、それは置いておいて」といわれ、
「うーん、ガッザン・カナファーニーですかね」
というわけで、そこからまた話がそれて、盛り上がる。

私が、シリアのドラマに日本人の役で出た話までしてしまった。
「今度、みんなで見ましょう」といってくれたけど、あの、くさい芝居はどうも。。

まあ、次回は、JVCの原文次郎なので、期待どうりに硬くやってくれるでしょう。

その後、ピース・オンが招聘していたバグダッドの画家、カーシム・サブティさんの送別会に参加。最近イラクの古代文明に何かと惹かれるのであるが、今回は、彼の作品を見る時間がなかったのでせめて送別会でもというわけ。

b0041661_3123331.jpg

カーシムさんは気さくなおじさん。
私が始めてイラクに行ったのがバビロン音楽祭だという話をしたら喜んでいた。
しかし、まあ、シリアでドラマに出さされたり、バビロン音楽祭のステージで歌わされたり、NGOって言うのは、そういう恥ずかしい!ことばかりなのだ。
まあ、僕のNGO人生には、カッコイイ!なんていうのはなかったなあ。
カーシムさん
私の敬愛するウード弾きのナシール・シャンマと友人だそうで、是非日本に連れてきてほしいとお願いしておいた。
[PR]
by kuroyonmaki | 2008-12-12 04:12 | 日本でのイベント