中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

b0041661_1241560.jpg

北海道ツアーでもらったミントが大きくなってきました。
いつになったらミントティーが飲めるか楽しみですね。
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-31 12:41 | 日本でのイベント

クーサ・マハシー

さて、西友にいくとなんとこんなものが売っていました。
b0041661_22552618.jpg

きゅうりではありません。これはズッキーニ。アラビア語ではクーサといいます。でも日本で売っているズッキーニは、苦瓜みたいにごつごつしています。
一個だけなぜか半端もので57円で売っていました。
となれば作ってみたくなるのがアラブ料理です。そこで突然ですが「クーサマハシー」に挑戦です。
b0041661_22574132.jpg

まずこうやって中をくりぬきます。
b0041661_22584399.jpg

そして中にご飯をつめます。にんじんもくりぬいて使います。
今日は玄米です。
さて、ご飯がこぼれないようにふたします。
b0041661_2311923.jpg

後はくりぬいた野菜ももったいないので、たまねぎとかブロッコリーも入れてスープを炊き込みます。味付けはコンソメ。アラブっぽく、クミンとかでパンチを効かせます。おっと、忘れては生けないのは、イブラヒム直伝のルーミー・バスラ。バスラのライムの干したものです。
これで酸味を出します。
b0041661_2343551.jpg


これで、適当に煮込めば出来上がり。
b0041661_2353965.jpg

中もちゃんと煮ています。玄米の歯ごたえがまたいいですな。

本当は、ひき肉とか入れます。トマト味で煮込むこともありますね。
料理のコツはともかく、適当でいい加減であることです。
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-28 23:06 | イラク情報

JIM-NETなライブでした

急遽、お店に展示ができることがわかり、あわてて、私は紙を買いに行ってプリントアウト。
A3でサルマン君のはなじポスターをつくったり、サーブリーンの絵をポスターにしたりと大忙しでした。そしてステージ衣装!前からドアちゃんのTシャツをつくりたいなあと思っていたのですが、本当はTシャツよりも、ドレスとかにして歌手の方に来て欲しいなあと思っています。そんなコンサートって素敵でしょ。
ためしに作ってみたら結構いいです。
b0041661_22452824.jpg

カラフルな花のTシャツはあまりにもかわいすぎるので、おやじが着るのはやめて、司会の加藤望さんに来てもらいました。結構ドレスとか着てくるのかなと思ったら、別のだぼだぼのTシャツだったので、じゃあ、これ着てよとドアTシャツも男物のMなんでちょっと大きめでしたが、加藤さん喜んできてくれました。
b0041661_224871.jpg

こちらはサルマン君の新作。入り口に飾りました。
b0041661_2249532.jpg

ムーディな雰囲気の中でサブリーンとドゥアの絵が生きます。
ライブの中身はJIM-NETのスタッフブログをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/jim_net/archives/2007-05.html#20070528
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-28 22:50 | 日本でのイベント

ライブに出ます。

今週の日曜日ですけど、ライブに出ます。
イラクの子どもの詩に木嶋さんが曲をつけて、ミューさんが歌ってくれます。
どんな風になるのかチョー楽しみです。
こういうリラックスした中で、イラクを伝えていくのも楽しいです。
ぜひぜひ、皆さん来てください


2007.05.16 [Wed] 23:41
27日のチャリティライブ『イラクの子供達は今 vol.2』

いよいよ、カウントダウンです。
とってもいい音楽があります。
映像とトークもあります!
必見!必聴!癒されます~。
ぜひぜひ、おこしくださいね。

b0041661_11295858.jpg


5月27日(日)新宿LIVEたかのや〒162-0022 東京都新宿区新宿5-2-3 MRCビルB1F
TEL: 03-5919-0228 FAX: 03-5919-0229
(東京厚生年金会館隣、ファミリーマートB1)

オープン/12:30
スタート/13:00(終了~15:30)
料金/¥3000+1ドリンク   写真提供:JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)

協力/JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク(HP)、NPO法人PEACE ON(HP)


トーク出演者/佐藤真紀(JIM-NET事務局長)、相澤恭行(NPO法人PEACE ON代表)

ライブ出演者/深町純、Myu、ノブ遠山、福井淳、渡辺真希。木嶋康晃、伊藤智行、
加藤健二郎 他

JIM-NETブログではイラクからの写真を公開していますので是非ご覧ください。



※寄付金(協賛金)の受付も行っております。1口¥3000~を下記の口座までお振込みください。

【お振込み口座】
三井住友銀行自由が丘支店
普通 6940881
名義 キジマ ヤスアキ
 

☆新しい情報はこちらで随時発表して参りますのでご覧ください。

皆様からの温かいご協力、ご支援をお待ちしております。
主催者:木嶋康晃
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-24 11:42 | 日本でのイベント
ASAHI.COMで以下の記事を見つけました。
イラク戦争支持 安倍首相が検証姿勢
2007年05月15日23時20分

安倍首相は15日、イラク復興支援特別措置法改正案を審議した衆院特別委員会が「政府はイラク戦争を支持した政府判断を検証する」と盛り込んだ付帯決議を可決したことについて「我々としても当然これは踏まえながら、よく検討をしていきたい」と述べ、前向きに対応する考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

以下は、外務省が出しているイラク復興支援のパンフからの抜粋ですが、特にこのQ2が問題。日本は国連の意向を重視してこの戦争を支持したことは正しかったと主張していますが、イラクは国連の安保理決議案1441を全面的に受け入れ査察が再開されたこと。
アメリカは、687号を持ち出して新たに国連内で攻撃容認決議を取ろうとしたが、安保理では決議される可能性は少ないとして、同盟国のみの攻撃を開始しました。どういう判断になるのかしっかりウォッチしていく必要がありますね。
b0041661_4435341.jpg


国連決議1441とは、国連安全保障理事会において2002年11月8日に全会一致で採択された決議で、イラクの武装解除にまつわるものである。

その主な内容には次のものが含まれる。

イラクが大量破壊兵器を破棄しなければならないこと
そのための武器査察に全面的に協力しなければならないこと
それ以前の決議(国連決議1154)で査察の対象外とされていた大統領施設についても、他の場所と同じように査察を認めること
この決議に違反する行動をイラクがとった場合には、安全保障理事会は、それがイラクに対して重大な帰結をもたらしうるものだと再三警告したことを想起すること
同決議はイラクによって11月13日に受け入れられ、1998年以来退去していた国連の武器査察団が11月27日に査察を再開することになった。

[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-16 04:59 | イラク情報

やっぱり植物

b0041661_1395598.jpg

疲れて帰ってきても癒してくれるのは花ですね。
友達がガーベラをくれました。ちょっとピンクなじょうろがかわいかったので買ってきました。
度派手なピンクでちょっと強烈かなと思いきや結構部屋にマッチしていい感じですね。

明日は、豊橋でイラクに咲く花イベントです。
早起きしなくちゃ。。
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-12 01:42 | 日本でのイベント
インターネット新聞のインタビューがありました。
現在、JANJANのサイトで配信されています。
ここをクリック↓
http://www.janjan.jp/special/0705/0705075100/1.php
b0041661_128950.jpg

イラクの子どもたちの様子もインサートされていますのでぜひ見てください。
「きにいったらクリック」をぜひクリックしてください!

明日には、パート2が配信されます。
こちらはNGOの現状の一般論を語っています。
結構最近NGOが元気がないのは事実。もっと勝負してもいいんじゃないかって僕なんかは思っちゃいます。そのあたりをちくりとしゃべっています。
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-12 01:31 | 日本でのイベント

ICBUW


b0041661_2534273.jpg
5月8日は、ICBUW(ウラン兵器禁止を求める国際連合)が日本政府と交渉をする日。
私も、被害者救済の支援を日本政府に訴えるために、資料を作ったりとここのところ睡眠時間を切り詰めてがんばりました。で、皆さんにも交渉をすることの賛同をいただきまして、本当にありがとうございます。
 評議員の振津さん、嘉指さん、森瀧さんもほとんど徹夜というか夜中にメールのやり取り。
さて、肝心の交渉の方は?
そもそも日本政府の立ち位置。
「劣化ウラン弾が安全かそうでないかは、国際機関の調査などを注視していく。」という従来の姿勢を貫きました。しかし、UNの人権小委員会や欧州議会、そして最近では、ベルギーが禁止を国内法で決定しています。国際機関ではすでに違法性は認めています。
そうなってくると、国際機関ではなくてアメリカ政府の見解に日本は、無条件についていきますといっていることに他ならないわけです。
嘉手納基地の劣化ウラン所蔵に関しては「在留米軍は軍備に関する情報は、教えることはできないと、認識しております」うーん。ちゃんと聞いてくださいよ!
そもそもアメリカがイラク戦争で劣化ウラン弾を使用したことをブルックス報道官が記者会見しているのに、当時の川口外務大臣は「知りません」[じゃあ確認してください」
「確認したところ、米軍は答えられないといっていました」というのだ。マスコミではしゃべっているのに、日本の外務大臣には「ひ・み・つ」ってこと。うーん、なめられてる。
ここまで、アメリカの言いなりになって気使いながらみんな被曝していくのでしょうか?
というわけで、市民の皆さんが、怒り出して、収集がつかなくなってしましました。
日本政府の煮え切らない態度は問題です。クラスター爆弾もオスロプロセスに完全に乗り遅れてしまいました。3カ国だけ賛成していません国に入っちゃった。反対も賛成もしないというのが、周りをイライラさせるんですね。一方イラク戦争みたいに突出してアメリカに賛成しちゃうし。プレスリー大好きだし。なんか最近ますます日本はアメリカに支配されちゃってイラクどころじゃないかもしれません。
b0041661_245116.jpg

禁じ手
今回の交渉ではとうとう私も禁じ手を使ってしまいました。
それは、がんのこどものネガティブな写真を見せるというもの。僕は、これはやりたくなかった。どんなに苦しんでいる子どもだって、ポジティブな部分を持っている。むしろそこを見せるのが僕たちの仕事だと思っているのですが、今回はフセイン君の腫瘍があまりにもひどいのでこの写真を見せることにしました。でもがんの子どもを劣化ウラン弾の禁止のためだけに利用してはいけないと思っています。写真を見せたからには何とかこの子を助けなくっちゃっていう責任があるわけでです。

でも写真を見せて、政府の人たちは一瞬、はっとしたような表情を示してくれました。それが救いかもしれません。見てしまったからにはフセイン君に対して責任があります。劣化ウランが禁止できないならきちんと医療支援を行うべきですね。
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-11 03:00 | 日本でのイベント

ゴールデンウィーク

なんだか、とってもいい天気で、布団を干した。
とうとう私も、一人暮らしをする羽目になってしまったのだが、なかなか掃除が終わらない。
僕は97年に日本を離れてから、あちらでは、飯とか作っていたけど、こっちに帰ってきてなんとなく、イラク漬けにされてしまい、日本の生活がまったく目に入ってなかったのだ。
まず驚いたのは野菜が高い。肉より高いじゃないか!イラクやヨルダンは金がなくて貧乏人は肉が食えへんといっているのになんでやー。
と驚くことしきり。
バイクで閉店前の西友へいく。
うわー、原付乗るのも実は10年ぶり??だったりして。
時間がすっかり止まってしまっていたことにわれながら驚くのである。
 さて、こんばんは、ワインでもの見ながら、アラブ風、フランス料理?でも作ろうかと張り切っていると、480円のうな重が半額、ロースカツどん半額。いいぞ、というわけで自炊計画は遠のいてしまった。

 
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-04 23:25 | 日本でのイベント
b0041661_433990.jpg
 ブッシュ大統領のイラク戦争終結宣言が出たのが2003年の5月1日。あれから、4年。
私は、緊急救援活動を終えてちょうど、バグダッドからアンマンに戻ってきたたころだった。
 一貫して、このイラク戦争には、反対を訴えてきた。2002年、サダム政権末期にようやくイラクに行くことができたが、そこでは、子どもたちの目がきらきらと輝いていたのを思い出す。
その中でも、当時9歳だったスハッドちゃんの目がもう本当にきらきらとこぼれそうに輝いていたのを思い出す。
彼女が書いてくれた絵は、まず女の子。でも指が画けなかった。そこで、僕が、ほら、指は5本あるでしょと教えると、男の子が手をいっぱい広げて、女の子を守っているような絵を画いてくれたのだ。
 これで、決まり!私は、その絵を日本に持って帰って早速、ポスターを作った。このポスター、結局、4万枚くらい作ったと思う。「イラクを攻撃したら世界は平和になりますか?」
さて、4年後の今。世界は平和になっただろうか?
ワールドピースナウでは、多くの人たちが、「かわいい」といって、このポスターをもって歩いた。
戦争が始まると、彼女たちはどうしているんだろうかと心配したが、庭に防空壕を掘って生き延びた。
スハッドの父は、音楽学校の警備員をしているために、学校に住み込んでいた。
 フセイン政権があっけなく崩壊した後、イラク人がびっくりしたのは、「アリババ」つまりは、略奪である。音楽学校にも暴徒が入りこみ、楽器を壊して行った。
「イラクはひとつ!」子どもたちは願いをこめて絵を描いた。
それから4年たち、子ども達の願いもむなしくイラクはばらばらになって殺しあっている。このようになる状況を子ども達は見抜いていたのかも知れない。
 私は、絵本を作った。「お兄ちゃん死んじゃった」がそれだ。谷川俊太郎さんの詩にイラクの子ども達が絵をつけるという企画だったが、何せ、小学校が夏休みになってしまい、仕方がないので、誰もいない校舎で、スハッドの兄弟たちに集まってもらい、ワークショップを行ったのが懐かしい。あのころが一番平和なときで、彼らもめいっぱいの色彩を用いて、楽しんで絵を描いていた。
 どうしているのかなと思い、バグダッドの友人に様子を見てきてもらった。戦争中よりも、今のほうが心配である。一日100人はテロや攻撃に巻き込まれて死んでいる。私たちの知り合いの家族も何人かは殺された。確率は日増しに高くなっているのだから。
送られてきた写真を見るとずいぶんと大きくなっている。写真ではよくわからないのだが、平和のメッセージを書いてくれたそうだ。
 4年前に出会ったがんの子どもたちは、多くが死んでしまった。そして、長い治療生活が終わる最終段階になって薬がなかったり、病院に通うことができずしんで行く子供が増えている。私にとっても、悲しいことが多かった4年間だった。
スハッドが地獄と化したバグダッドで元気に生きていてくれることにとってもうれしくなった。
[PR]
by kuroyonmaki | 2007-05-04 04:04 | イラク情報