中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:原発( 13 )

b0041661_5292293.jpg

27日から始まった連載。今日は3日目。
ネット版記事はこちら(2回目です)
http://mainichi.jp/opinion/news/20121128ddm012070114000c.html
連載は今日も続きますのでぜひ新聞をご覧ください。
さて、僕は松本に来ています。
昨日は上田西高校でチョコレートの袋詰め。
いよいよチョコ募金が、12月から始まります。
今日は、早稲田の奉仕園敷地内にあるアバコ・ブライダルホール6Fで、「ヨルダンの原発を考える会」を主催します。ピースボートの川崎さんもかけて受けてくださいますのでぜひ皆さん、来てください。

18:30 キックオフです!
http://blog.livedoor.jp/jim_net/archives/52309583.html
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-11-29 05:42 | 原発
2012年9月30日(日)
『子供の将来を守る 放射能セミナー』開催のお知らせ
 当協会他多数団体の協賛により「子供の将来を守る 放射能セミナー」を、2012年9月30日(日)に開催いたします。
 本セミナーは、2011年3月11日の原発事故を受け、放射能対策に関する現実的な情報を得て、正しい対策を立てるために、国民自らが学ぶ機会となります。
 チェルノブイリ原発事故の被害を受けたベラルーシ共和国の特命全権大使セルゲイ・ラフマノフ氏の他、医学的・法律的見地をお持ちのパネラーをお招きし、原発事故や放射能被害について考えます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

【開催日時】平成24年9月30日(日) 13:00開場/13:30開始
【開催場所】東京駅ビジネスセンター 1号館 ホール7A会議室
       東京都中央区八重洲1-4-21 共同ビル

【お問い合わせ】メールまたはFAXでお問い合わせください。

<<メールでのお問い合わせ>>
国際難民援護協会・事務局 info@irsa.jp までメールをお送りください。

<<FAXでのお問い合わせ>>
お問い合せ内容を 国際難民援護協会 FAX 03?5689?2371 までお送りください。

セルゲイ大使
P8310229.jpg
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-09-28 19:41 | 原発

小林よしのりの脱原発論

b0041661_752551.jpg

小林よしのりがSAPIOに連載している脱原発論が面白い。共感できる部分が多い。しかし、この雑誌 、桜井よしことか記事書いていて、原発推進かと思っていた。確かに、日本という国は国民を守ろうとしない。平和平和憲法を実践してこなかった平和ボケというのを僕は感じる。平和憲法にもっと忠実たるべきだと僕は感じるけど
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-04-10 07:39 | 原発

チーム二本松

二本松にあるNPOチーム二本松。
真行寺の副住職の佐々木さんが代表を務めています。
IMG_0100

同朋幼稚園もお寺の中にあります。こどもたちのためにいち早く除染をしました。市が設置した測定器は、0.25マイクロシーベルトを表示。
しかし、園内のさくらの木の皮が汚染されている事がわかり、表皮をはぐことになりました。
「100年近く咲き続けた桜。幼稚園児の入学式では、毎年こども達を見守ってきた桜です。非常に残念で、哀しいですね」と佐々木さん。
IMG_0109

JIM-NETでは、以前から頼まれていたシンチレーション測定器を今回寄付することが出来ました。
アロカ製のTCS-172BというNaIシンチレーションカウンターでガンマ線を正確に計測できます。
 これは、山田光枝様のご寄付で、お父様がお亡くなりになられ、何か役に立つことに使って欲しいとのことでしたが、福島原発事故後は、受注が多くてなかなか製造が間に合わない状況で、どうしても時間がかかってしまいました。4月3日福島に行く予定があったのでメーカーに何とか間に合わせて欲しい主旨を伝え、午前中に宅急便で直接チーム二本松に送ってもらいました。山田様のお父様のお名前「まさいち」と測定器に書く予定でしたが3日は時間がなく、後日佐々木代表に書いていただいて写真を送ってもらうようにお願いしました。
「同朋幼稚園80名の園児のうち、14名は避難しました。共働きで避難できない家庭が多く、夫婦で意見が分かれ、離婚してしまう家庭が出てきています。母子だけが避難し、二重生活で出費がかさむことも。郡山は、原発から50km以上も離れているから、自主避難になって、お金が国からは出ない。1年以上ストレスのかかる生活をしていて、もう、元気もでない。開沼博さんが、善意が生み出す悪という言葉を使われていた。彼が東京の講演会で、「今の福島から逃げないでいるって、人殺しと同じことですよね。」といわれた。「そうですね」を返事をするしかないのだが、福島の人を助けようとする善意が、逃げられない人たちを悪だと追い込んでしまう。地方の人が、善意で母子の避難の受入れをやったら、その人たちが離婚してしまったという話も聞いた。
日常生活に楽しみを見出せない生活環境が続いていることにより、あきらめモードになってきています。」
IMG_0104

「除染ボランティアを最近募集しています。
除染ボランティアに関しては、ボランティアが被曝するという非難もありますが、人手が足りない。園児の家庭とかで高い放射能がでているところもたくさんあり、行政は動いてくれないから、志のある人に来て欲しい。
また、新たなプロジェクトもあります。
二本松市街から車で15分の岳温泉。二本松市街の空間線量が0.8マイクシーベルト/hであるのに比べ、この岳温泉地区は0.2マイクシーベルト/h。ここに空グランド(空地)を手に入れ、徹底的な除染で0.1マイクシーベルト/h未満の、
子供たちが遊んでも全く放射能の心配のない、綺麗な芝生グランドを作りたい。そして、送迎手段として大型バスを手に入れ、二本松市街から15分で子どもたちが外遊び出来る環境を作りたいです。
もうひとつ、ホールボディカウンターを購入することに決めました。5000万円近くするのですが、納入前に何とかお金を工面したいと思っています。この地に住むからには、なんとか、不安を取り除き、元気にやって行きたいと思います。」
チーム二本松
http://team-nihonmatsu.r-cms.biz/
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-04-09 01:18 | 原発
昨日イラクから帰国しました。
震災から間もなく一年が経ちます。
この一年は、石巻から始まり、福島支援と、精神的にもきついものになりました。
今回もギャラリー日比谷の協力を得て、イラクと福島の子ども達の写真と絵画を展示させていただくことにうなりました。写真を中心に一年間を振り返ってみようということになりました。
今回、ヨルダンで30枚の写真を印刷してきました。これは福島とイラクをまぜこぜにして今の日本を考えうというコンセプトです。一年前は、イラクという言葉を口にするのも憚られるような雰囲気があったし、気がついたらNATOがリビアを空爆しちゃったり、シリアもぼろぼろになっている。久しぶりにヨルダンに数日いると、世界の動きと日本の動きが、やはり温度差がある。そんな中で、日本はヨルダンに原発を売ろうとしている。ちょっとまって、売るのなら、本当に安全だということを検証する義務がある。かつて、イラクが原発を作ろうとしたらイスラエルが空爆した。シリアもこないだ空爆された。ヨルダンだってどうなるかわからないし、そんなことを考えていました。
で、福島と、イラクの人たちの写真でどれを展示しようかなと思い悩んでいたのですが、だんだん違和感なく溶け合ってくる。国益といういかがわしい既得権益を守ろうとする連中に犯される命という共通の顔がそこにある。
しかし、違うものもそこにはある。仮設住宅と難民キャンプの違い、戦争後9年もたつのにテントで生活している人。ガンになったら死ぬしかない命。先進国と途上国。日本が先進国になれたのも、国益を重視してきたからか?その犠牲者となったのがイラク。国益のためにアメリカを支持するということしかなかった。僕たちは、だれもサダムフセインからイラク人を解放しようとなんて思わなかった。解放して欲しいのは石油。
この責任は誰が取る?無責任な国家だから福島にだって無責任だろう?そこはものすごくつながっていて、僕たちの福島支援は、むしろこの国をかえることかなと思ったり。JIM-NETの方針も来年度のことを決めていかなくてはいけないのだけど、なんかその辺が見えてくるような展示にしたい。そして、来年はイラク戦争から10年。この展示をひとつのスタートとして、もっと大きなものに纏め上げて行きたい。

3月9日-3月14日までの一週間。
会期中には、日比谷公園でpeace on earthという大きなイベントもあります。
日比谷通りに面した画廊です。銀座、有楽町から日比谷公園に行く途中です。是非立ち寄ってください。
http://www.peaceonearth.jp/
b0041661_3131386.jpg

今回展示する写真

さて今回の展示ですが、イラクと福島の子ども達を写した写真が中心になりそうです。
イラクの写真は、佐藤真紀(副代表)とバスラのローカルスタッフのイブラヒムが写した写真です。そして福島の写真は、豊田直巳さん、熊谷正さん、高橋まゆみさんといった写真家に加え、鎌仲ひとみさんらが写真を提供。
もちろんイラクの子ども達の絵画も展示します。
グッズの販売も!
ハウラの赤い花ハンドタオル(今治のジャパンブランドタオルです)のアイボリーバージョンが新登場。
脱原発Tシャツも限定で60枚作りました。
3月13日はホワイトデーに向けたチョコ企画も準備中です。
詳しくはこちら
http://www.jim-net.net/event/120309picture/


b0041661_1542989.jpg
b0041661_1551185.jpg

[PR]
by kuroyonmaki | 2012-03-02 02:11 | 原発
福島の子ども達。避難すればいいのは決まっているが、それがかなわない人たちがたくさんいる。僕自身、今すぐ引越しセよといわれても、仕事をやめるわけにもいかず、家の処分も大変。そう考えると、わかりやすいだろう。福島に暮らす限り、たとえ一日でもいいから子ども達の被ばく線量を下げてあげたい、また、精神的なストレスを低減させたいという思いから、移動保育を支援している。
今日は猪苗代スキー場で遊ばせるというので小玉と同行した。
こどもたちの反応がいい。
8歳の少年はいきなり、車中で小玉に、「小玉さんは結婚しているの」と聞いてくる。
「なんでそんな質問するの」ときくと、「こんな人でも結婚できるのかなあとおもったから」とのこと。

それはともかく、久しぶりに思いっきり雪遊びしている子ども達の様子を動画でアップロードしましたのでご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=aJtjDedtpgk&feature=youtube_gdata
b0041661_029242.jpg

参加者の子どもたちにはチョコレートを差し上げました。
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-01-29 08:26 | 原発
原子力協定

国会はいよいよ明日、9日の参院本会議で、日本の原子力発電所や関連部品などを輸出するためのヨルダン、ベトナム、韓国、ロシア各国との原子力協定の承認案を可決、承認する。承認を受け、4カ国との協定は来年1月にも発効する見通しだ。
 野田佳彦首相は8日、参院外交防衛委員会に出席。協定締結の意義について「福島第1原子力発電所事故の経験、教訓を国際社会と共有し、協力することは国際的な原子力安全の向上に資する」と強調しているそうだ。
しかし、福島の放射能汚染は深刻。最近では、食品の安全が問われている。
僕はfacebookで、5ベクレル/kgのジュースがあったら買うかと問うたら、ほとんどの人が厭だという。日本政府の暫定基準は200ベクレル。1/40なのに不安だという。
農家は、大変だ。毒を売るのかと攻められる。そういう現実を世界に共有する気があるのだろうか。
東京新聞によると、4カ国は政府間の署名を終えているので、承認を急ぐという。
「平和利用のため、日本の高い水準の安全性を提供するのは、意義がある」そうだ。
これ以外の国は、「事故の検証を踏まえて<慎重に)対応する」とのこと。じゃあ、ヨルダン、ベトナムはなんだろう、韓国、ロシアは共同開発とかその手の話だろうが。

たとえばヨルダン。アンマンから40kmの砂漠の真中で生活廃水で冷却するという原子炉。そんなんできるのか?アンマンの人口は、120万人というから、原発が事故を起したらこの国は滅びてしまうだろう。東京新聞によると、ヨルダンは地震国だというが、これは僕は信じない。ヨルダンにいて地震にあったことは一度もない。
とはいえ、この地域の古代文明が滅びたのは、地震だから、数千人に一回はでかいのが来るから、地震国といえないわけではないが。
東京新聞はさらにテロの危険性を指摘。充分考えられる。
民主党の阪口議員が視察したという。「エネルギー自給率が極めて低いヨルダンにとって安全保障上、原発導入は切実だった」と感想を述べている。
しかし、なぜ、原発なのか?
実はヨルダンには世界のウランの2%が眠っているという。これを掘り起こすこと。
ヨルダンにとってはそっちのほうがビジネスになる。
そして、核兵器でも開発してしまえば、ヨルダンはイスラエルに告ぐ核保有国になる可能性だってある。
ヨルダンが核兵器を持たなくても、核保有国にウランを売りつける。
かつてフランスはイスラエルに原発を売り、イスラエルは核兵器を作ってしまった。
凝りもせず、フランスはイラクに原発を売った。サダムは確実に核兵器を作るだろうということで、イスラエルが空爆してしまったが。それでも、アメリカはイラクが核開発をするに違いないと、今度はイラク戦争まで仕掛けたのである。
日本にだって、核兵器を持つべきだという人達もいる。
そのためには、先ず原発だ。平和利用といいながらも、いつでも核兵器を作れるようにしておく。原発の売買には、そういう戦略がなんとなく見え隠れする。
そんなことを考えていると、日本は益々、ヒロシマ・ナガサキの教訓にさらにフクシマをくわえて、核を断ち切らねばならない。世界に対する責任が益々高くなっているのに、野田総理は金儲けのことしか考えていないのか?

b0041661_1152386.jpg

ヨルダンで原発に反対する人たち<グリーン・ピース)
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-12-09 01:17 | 原発
10月のはじめ伊達市の小国小学校の近くの放射能を計ったら10-20μSの土を発見したことをこのブログで紹介した。一応その時市役所に電話をして、半沢さんというかたに情報を提供したのだが、「棄てる場所がないので市としても困っている」とのことだった。
1ヶ月以上たち様子を見に行く。
b0041661_1242989.jpg

小国小学校
b0041661_129142.jpg

学校の前の畑の奥のほうに以前ダンプが土を棄てていたところがあり、今回はブルーシートで覆われていましたが、ちかずくと線量がたかくなり、ブルーシートの上は6-7マイクロシーベルト。
まわりの畑の土を削ったそうで、畑は、0.5-0.7マイクロシーベルトと下がっていました。
以前10-20μS/hの土の合ったところを計ると、30マイクロシーベルトを超えてしまった!
b0041661_12151553.jpg

この場所は、正門から、10mほどしか離れていないので、先ず先生に、状況を説明。知っている先生もいるし、ほとんど知らない先生もいました。
b0041661_12161997.jpg

その足で、伊達市役所に行き担当の佐藤さんに状況を説明して、土を撤去するようにお願い。
後日、佐藤さんから連絡を頂、土を除去しましたとのこと。
そして、さらに、その上に砂利を敷いてくれるそうです。
ありがとうございました。一安心です。こうやってしつこくホットスポットをつぶしていくしかないのかなと思っています。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-12-03 12:21 | 原発
放射線と子どもの専門家緊急来日講演
「チェルノブイリからの警告~25年間現地の子どもたちを診てきた医学博士より~」

チェルノブイリ事故の子どもへの健康影響における研究の第一人者であり、
事故前はロシアの小児科医でもあったウクライナ放射線医学研究センターのステパノワ医学博士の講演です。

博士による講演(逐次通訳)の後、質疑応答の時間をたくさんとっています。

低線量の被ばくについて、詳しいお話しが聞けます。

と き 2011年12月11日(日)13時~16時
ところ コラッセふくしま(JR福島駅西口より徒歩3分) 3F企画展示室
(住所 福島県福島市三河南町1番20号)
講 演 エフゲーニャ・ステパノワ教授(医学博士)
定 員 140名
参加費無料
詳細・申込み・事前質問⇒http://www.greenpeace.org/japan/ja/form/kodomo/

お問い合わせ:
グリーンピース(鈴木かずえ)03-533809800/080-3017-0046
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-11-29 10:55 | 原発
今日は、南相馬の様子を見に行きました。ガイガーカウンターのスイッチを入れて、車を走らせます。今日は朝から曇り勝ちでしたが、山のほうに入ると日がさしてきました。紅葉がものすごくきれいなのですが、ガイガーカウンターがガーガーいいだし、手元のカウンターは2マイクロシーベルトを超えました。
ちょっとおりて一服すると7とか8とかになります。
南相馬に到着すると、市役所前には、「今日は街中をデモするんだ」という方が何名か集まっていました。
「これで3回目なんだけど、こないだは10人しか来なかったなあ」というオバちゃん。
僕は10人しか来ないなかでデモをする事の勇ってすごいなあと、却って感心する。
b0041661_026301.jpg

結局40人くらいが集まった。
何でも、子どもとかみさんを山形に避難させたという人もいて、「かれこれ8ヶ月もわかればなれになってしまった。どうしてくれるんだ」となみだ目に。
南相馬、本当に人がほとんどいない感じがして寂しい。デモを追っかけていたら、途中で魚屋さんがあったので覗いてみた。
「魚、仙台まで買いに行っているんだ。ここらの魚屋でこれだけの量があるのはうちだけだよ。ここらでは、もう水揚げされないからね。でも、この町からは、若い者がいなくなったんで、年よりは、秋刀魚一匹で十分なんだ。だから、それほど売れないときも。まあ、もうけようって思っちゃ行けないと思ってやっているけど、魚一匹売れ残っちゃそれだけで、大変だからね。」
ご主人、三ヶ月は、仕事してなかったそうで、「久しぶりに包丁持ったときは、手が震えたよ。なんていうか、緊張したよ」
b0041661_1102526.jpg

友人のイラク人は、魚の卵が珍しかったみたいで写真とってました。
その後、津波の痕を見に行きました。なかなか福島にいると、津波がどうなったのか、ピンとこないようです。
b0041661_0482153.jpg

確かに、草が生え、さらにその草が枯れてきた。時は確実に過ぎていきました。人々の悲しみも時間とともに癒されればいいなあと思います。
海岸に行く途中見つけたひまわり畑。
b0041661_101826.jpg

話を聞くと、この種類は丈が短く、車を運転していても良く見えるように植えたそうです。特に花屋に売るわけでなく、みんな見て、元気になって欲しいとのこと。毎年10月に種まくと一ヶ月後ぐらいには咲くという不思議な種類。
「問題は、種がとれねえこと。」いわゆる遺伝子組み換え改良種ですね。
[PR]
by kuroyonmaki | 2011-11-06 01:03 | 原発