中東を拠点に国際協力の分野で活動する佐藤真紀のオフィシャル・ブログ コメントはkuroyonmaki@yahoo.co.jpまで


by kuroyonmaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:アルビル日記( 2 )

冬支度

今年度の7月からアルビルでも患者の経済支援を開始しました。
クルド地区の遠方から来ている患者や、中央イラクから治療に来ている患者や、シリアから治療に来る子どもたちもいます。
一か月の予算は、約1000ドルで、10人程度の患者という内訳になります。
お金の支援は、不公平感が出ないように特別な配慮が必要です。同時に、小児がんの子どもと家族には特別な配慮をしてあげないと、生き死に繋がります。
経済支援といっても、病院にない薬をかったり交通費の補助になります。3か月たったので、支援の評価をすることになりました。
今年のチョコのパッケージに使われたアカベコをかいてくれたイマーンちゃん8歳は、ソーランというところに住んでいます。金曜日、土曜日と週末のために、イマーンちゃんは、自宅に帰って、また月曜日に病院に来ることになりました。
アルビルから直線距離で70kmほどですが曲がりくねった山道を行くために、3時間くらいかかります。
一家は、もともとモスルに住んでいたので、アラビア語が堪能です。2004年に、モスルの治安が悪化したために、避難してきて、お父さんはクルド自治政府軍で、電気関係のメンテをしています。
DSC00904

ソーランに到着するとイマーンちゃんが出迎えてくれます。お父さんの車で先導してくれます。
DSC00912

家の前はこんな感じで、険しい山が。
DSC00911

イマーンちゃんが助かる方法は、骨髄移植しかありません。
お父さんは、「家も、車も売る。足らない部分を支援してほしい」と言います。
P1190118

ローカルスタッフのシーランは、「なんで、JIM-NETは、支援しないんだ」
というので、「骨髄移植は、イラクでは出来なくて、海外だと1000万円くらいはかかってしまう。骨髄移植したら必ず助かるかというとそれは難しい。」一人が、たくさんの負担をしょい込むのではなくて、皆で負担や責任を分担することが必要です。ヨルダンのキングフセインがんセンターでは、王室が中心になってイラクの子どもたちの為にもお金集めもしています。JIM-NETも日本を代表して毎年100万円づつの寄付をしており、もし、ヨルダンが受け入れてくれるなら、可能性もあります。そんな相談をしているとランチタイムになりました。
P1190049

イマーンの家族がごはんをごちそうしてくれます。
イマーンは、「今日は、ドルマとかクッバをお母ちゃんがみんなのために作ってくれているよ」とメニューを紹介してくれます。本当に、おいしいイラクの家庭料理。
DSC00913

イマーンちゃんは食後の投薬。
がんとの闘いは厳しい冬を迎えます。

10月25日 ソーランにて 佐藤
[PR]
by kuroyonmaki | 2013-10-27 00:01 | アルビル日記
さて、5月8日、バグダッドから、アブサイード、バスラからイブラヒムがアルビルにやってきた。
夜、無事に到着すると早速3人で翌日のプレゼンの準備。イブラヒムは、怖がりのくせに、人まで話すのは結構うまい。一方アブサイードのじいさんは、そういうのが余り得意じゃないから、早速練習。パワーポイントの資料を僕が作ってやった。アブサイードは一生懸命原稿を書いて、まるで演説するように読んでいた。やっぱりあの世代の人。あじるの好きみたい。

ナナカリー病院では昨年の秋に、念願のプレイルームが開設された。ペイマン医師は、JIM-NETが最初にナナカリー病院を訪問した2009年から、「プレイルームを作って欲しい」といい続けてきたが、ついに保健省から予算が付き念願がかなった。

JIM-NETが中心となり、ボランティアを集めて、運営に協力してきた。しかし、日本人スタッフがいないと、ボランティアを運営するキャパシティが病院にはなく、プレイルームには、たまに子どもがきておもちゃや絵本を借りていくだけになり、机やおもちゃはほこりだらけになっていた。
 掃除機そのものがほこりをかぶっているのだ。使わなければほこりをかぶるのは仕方がないが、看護師に聞くと「毎日子どもがいつ来てもいいように開けてあります」という。

ws02


日本とは違って、ともかく砂埃がすごいのだ。中途半端なおもちゃは置かないほうがいいというのも一理ある。
ならばやはり、有効に使わなくてはならぬ。
そこで、プレイルームの運営に関してのワークショップを開催してみようということになった。バスラ子ども病院には、イブラヒムが頑張っている。

バグダッドの医師たちは、最初の頃は、「プレイルームなんかより、薬が足らないんです」といって全く関心を示さなかったが、会議の度にイブラヒムの活動の話を聞き、最近では、「プレイルームを作りたい」ということになり、昨年からアブサイードが運営を始めた。イブラヒムの話は、きっと何かヒントになるだろう。

 特に、看護師たちに問題点を話し合ってもらおうと、ペイマン先生に看護師を集めてもらった。


ws01
 
バスラの院内学級の歴史からイブラヒムが語りだした。妻を白血病で亡くしたことから患者の扱いには長けていた。家族の悩みもよくわかる。みようみまねでやってきた活動を深めるために2008年にはシリアのNGOでトレーニングも受けた。

JIM-NETのバスラでの活動は、1)医療支援、2)精神的な支援3)教育支援、4)経済支援だが、2)と3)はプレイルームで行なわれる。
スタッフは、イブラヒムを含めて3人だ。教育省から派遣されているマナールという先生と、元患者のザイナブという3人のチームワークが実にいい。
ws03
[左:ザイナブ  右:イブラヒム]
活動内容を一通り説明すると、一人の患者をどのように支援してきたかの例として、サブリーンのビデオを見せた。
ナナカリーのスタッフの中には涙を浮かべて見ていた人もいた。
続いて、アブサイードが昨年はじめた活動を紹介。「たくさんの子ども達が、とても楽しみにしているんです。」
続いて、感染症対策について問題提起がされた。
「アルコールジェルはどこにおけばいいのか」
このような議論が看護師のなかでされる事はあまりないという。医者が言うとおりに動くだけだ。
「バスラは入り口だけです。しかし、携帯用のジェルを子ども達が持っているんです」
「バグダッドでは、感染症対策を子どもたちにわかりやすくするビデオを作っているんです」
いくつか質問がでたあと、プレイルームを見ながらのディスカッションが始まった。
今日は、とてもきれいに掃除してあるので驚いた。アルコールジェルもこの間は、箱の中に大切にしまってあったが、机の上においってあって誰でも使えるようになっている。
誕生日会のような飾りつけがあって、子どもにとっては、嬉しくなるような効果があるのだが、感染症対策を考えると好ましくない。
「それでは、飾りつけはパーティのときだけにしましょう」
やはり箱だけではだめで、そこにいつもいるスタッフが必要だ。しかし、病院では、医者とか看護師、薬剤師という概念はあっても、ソーシャルワーカーのようなスタッフは位置づけられないのだろう。
ペイマン先生は、「保健省に相談してみます」と力強く語った。
イブラヒムも、アブサイードも一仕事終えた充実感が漂っていた。

サブリーンのビデオ

http://www.youtube.com/watch?v=JB-HrwwQu5Y
さとうまき
[PR]
by kuroyonmaki | 2012-05-15 06:12 | アルビル日記